職場の嫌いな人への対応や接し方とは?付き合い方を考えてストレスフリーを目指す方法。

workplace-person-dislike -1

職場の人間関係で悩んでいる方はたくさんいるのではないでしょうか。

みんながいい人であれば素晴らしい職場なんですが、職場の人が全員いい人なんてありませんよね。

中には嫌な人がいると思います。

では、そんな嫌いな人と付き合うにはどのようにすればよいのでしょうか。

関係性が薄くてコミュニケーションを取らなくていい人であれば、問題ないのですが、どうしても付き合っていかなけらばならない人もいるはずです。

今回は職場における人間関係別で、コミュニケーションの取り方をお伝えしていきます。

嫌な人との接し方を考えてストレスフリーな生き方を目指していきましょう。


Sponsored Links

職場の人間関係を考える

嫌いな人がいるけど、どのようにと付き合うかに悩んでいる人は多いです。

そんな中で、その人と「仲良くする」、「無関心でいる」といった、2つの対応になるのではないでしょうか。

大変な思いをしている方も多いと思いますので、そこで職場での関係性によって付き合い方を変えることを私はオススメします。

では、みなさんと相手との関係性を考えて、対応を決めていきましょう。

同じ部署の上司、部下、同僚

同じ部署の上司や部下、同僚とは、どんなに嫌な相手でもコミュニケーションをとる必要があります。

付き合い方を考えずに、ドライな関係であれば、日頃の業務がやる辛くなってきます。

大変でしょうが、相手の事を理解する気持ちで向き合いましょう。

相手と向き合う時は、長所を見つけることや褒めることが良いです。

ゆっくりと本音で話しをしてみると意外と良い人だったと思うこともあります。

どんなきっかけで仲が良くなるかは分からないので、日頃からの努力は必要になってきます。

部外で別階層の上司・部下、同僚

別の階層で部外の上司や部下は、実はしっかりとしたコミュニケーションをとると、関係が良くなってくるでしょう。

この人たちとは仕事のミーティングを行い、今後のプロジェクトを達成していく、仲間となってくれます。

仕事の成果にもかかわってくるので、この人間菅関係は大切にしていきましょう。

部外の同僚

この全く話さないような同僚であれば、ここの人間関係は放置しておいても構いません。

部外の別の階層の上司や部下は、プライベートの関係になる必要はありません。

最低限の「お疲れ様です」、「おはようございます」という挨拶だけをしっかりしておけば問題はありません。

仕事の話しだけ、きっちりしておけば良いでしょう。

関係性の少ない部外の同僚

同じオフィスでない人が対象なのですが、業務で全く関わらない人であれば、気にする必要はないです。

自分の好きなように振舞っていても、そもそも接することがないので、トラブルは起きません。

付き合うのが嫌な人が、たまに部署移動や転勤になった場合は、とってもラッキーに感じますよね。


Sponsored Links

嫌いな人がストレスにならない方法

嫌いな人と付き合っていくのは、とても大変なことです。

ストレスが溜まって当然です。

とはいっても、感情を押し殺して、うまく付き合っている人もいます。

しかし、その感情が爆発した場合はストレスをコントロールできずに、相手と喧嘩したり、大きなトラブルを発生させることがあります。

どんな嫌いな人でも良いところはあるので、長所を見つけるように心がけましょう。

仲良くする義務はない

どうしても嫌いな人がいて、歩み寄っても、その人のことが理解できないのである方必見です。

心構えとしては「嫌いな人と無理に仲良くすることはない」ということです。

「みんなと喧嘩せずに仲良くしなければならない」、「仲良くする努力をしなければならない」、「いつも笑顔でいなければいけない」といった事を考えているとストレスで鬱になることもあります。

無理に自分の感情を押し殺すと、心が安定せずに精神病になる可能性もあります。

自分で自分の首をしめないように、うまく調整をしながら、自分との対話をして、好きな振る舞い方をしてくださいね。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る