共働きの年収は平均600万円あれば幸せになれる!家族で楽しく暮らすコツを紹介。

two-incomes-average-1

共働きをしている人はいったいどのくらいいるのか?

うちの家族だけなのかな?

男性であれば年収1,000万円くらいを目指して奥さんに楽をさせてあげたい、女性であれば専業主婦の家庭が羨しく思うという人もいるのではないでしょうか。

年収1,000万円の年収がある人はたった数%しかいないので、簡単にはそのレベルになることは出来ません。

女性も年収1,000万円を超える男性と結婚するのも難しいでしょう。

高望みとは言いませんが、難しいチェレンジをするよりかは男女ともに年収300万円で世帯年収600万円を目指す方が現実的です。

お互いが年収300万円程度であれば、仕事内容もそれほど厳しくないでしょうし、家庭を大切にできる時間も増えます。

今回は「これから結婚をして共働きを考えている」、「現在、共働きをしている」人にむけて世帯年収600万円で幸せに暮らすコツをお伝えしていきます。

共働きのメリットなども紹介しますのでチェックしていきましょう。


Sponsored Links

共働きの世帯はどのくらい?

two-incomes-average-2

共働きをしている世帯事情としては、外の世界で働きたいという意思をもつ女性が増えてきました。

内閣府の調査によると共働き世帯は約60%という発表がありました。

景気の良かった時代であれば、家事や育児に専念できたけど、、旦那の給料だけでは生活が厳しいから無理だという意見も多数あります。

収入が減る一方、税金や年金の支払いは増えていく社会システムなので、なおさら生活は圧迫されていきます。

また、教育費関連に関して、子供にお金を費やす金額も増えています。

ますます、女性が働かなければいけないという時代に突入している状況です。

共働き世帯の女性の雇用体系ですが正社員の比率が低く、ほとんどがパート契約で働いています。

子供がいない家庭であれば問題はありませんが、子供がいると熱をだしたり、保育園を休むといった緊急自体が発生することも頻繁にあります。

そのため、ある程度子供が自立するまでは、正社員でない派遣やパート契約で働くという方法が主体となっています。


Sponsored Links

共働きのメリットとは?

共働きをする理由で、まず言えることは経済的理由が上げられます。

国税庁が発表しているデータで、男性社員の平均年収は514万円という発表がありました。

しかし、20代に焦点をあてると平均年収が約300万円となり、男性の第一次に迎える結婚期の現実はかなり厳しい収入となります。

共働きをすることで生活費が増え、少しは楽な暮らしができ収入の安定が大きなメリットとなるのではないでしょうか。

その他のメリットもお伝えしてきますね。

共働きで節税になる

日本の税制度を考えみましょう。

日本の税率は年収が増えるにつれ、税金が高くなる累進課税制度を適用しています。

例えば今現時点での制度で考えると、年収1,000万円の年収があれば約30%の税金がかかってきます。

それに対して年収300万円であれば10%程度の税率となります。

共働きであれば課税される金額がすくなくなるので節税ができます。

働く環境を比較しても、年収1,000万円の人と比べると、普通は時間的余裕やプレッシャーが少ないはずです。

収入以上に精神的な豊かさを持てるというメリットもでてくるのです。

600万で幸せになるコツ

ここからは、これから「結婚を考えている人」、「すでに結婚している人」にむけて共働きで年収600万円でも楽しく幸せになる方法を紹介していきます。

これから結婚を考えいている男性は女性に対して、共働きをアピールしたり提案することをオススメします。

今は女性の社会進出が進んでいます。

結婚しても家庭と仕事を両立したいとう考えを持った女性が多いです。

家事のサピートはしっかりするというアピールをすることで、年収300万円のあなたでも安心感や信頼感を得ることができることでしょう。

女性であればたった数%の高収入の男性を探すより、共働きを覚悟した上で年収のレベルを下げていけば、婚活を成功させることができます。

結婚後のお金について

共働きで年収600万円だった場合でも、男性の300万円の給与で何とか生活をして、女性の300万円の給料をまるまる貯金することは可能です。

仮に300万円が無理でも100万円の貯蓄は難しくありません。

また、男性が500万円の収入だとしても、女性がパートなどを行えば100万円の貯金は毎年可能となります。

節約をうまくしながら、貯蓄を増やし、その貯蓄から、年に1回の旅行などに使うと楽しくお金を貯めることができます。

収入が少なくても、夫婦で楽しく幸せに暮らせるコツはいくらでもあります。

無理な幸せを望むよりも、2人なりの幸せの形や理想的な未来を考えるとことをオススメします。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る