SONY A30ウォークマンのリリースが決定!発売日や価格と仕様を詳しく紹介。

sony-a30

芸術の秋ですね。

いい音楽をいい高音質で聴きたいと思うことありませんか?

そんな方のお勧めの情報がソニーから発表されました。

デジタルタイプのウォークマンの新製品としてA30シリーズリリースの情報です!

A30の正式型式はNW-A30シリーズとなり、NW-A20シリーズの後継機種となります。

発表されたNW-A30シリーズは全4種類

そこで今回はNW-A30シリーズの商品種類、発売日、価格と仕様などを詳しく紹介します。


Sponsored Links

SONY NW-A30ウォークマンが新たに4種類リリース。その種類は?

今回新たにリリースされたのは以下の4機種です。

  • NW-A35HN
  • NW-A36HN
  • NW-A37HN
  • NW-A35

NW-A30はシリーズはNW-A20シリーズの後継機種としてリリースされます。

今回の新シリーズではNW-A20シリーズから筐体のデザインが一新されました。

また、NW-A30シリーズからは前面が全面タッチパネル仕様へと進化を遂げました。

ではそれぞれを詳しく見て行きましょう。

ハイレゾ対応デジタルNCヘッドホン同梱タイプ

今回の新商品では大きくハイレゾ対応デジタルNCヘッドホンを同梱したものとしていないものに分かれます。

以下の3種類はハイレゾ対応デジタルNCヘッドホンを同梱したタイプです。

容量の大きさによって品番が異なります。

  • 16GBモデル=NW-A35HN
  • 32GBモデル=NW-A36HN
  • 64GBモデル=NW-A37HN

16GBから大容量の64GBまで3SKUのラインナップとなっています。

ハイレゾ対応デジタルNCヘッドホン非同梱タイプ

今回発表された4種類のうち、NW-A35のみがヘッドホン非同梱タイプとなります。

容量は16GBのモデルのみです。

もちろんお手持ちのイヤホンでも音楽を楽しむ事が可能ですが推奨は同梱のh.ear in MDR-NW750N。

すでに同イヤホンをお持ちだったり、お気に入りのイヤホンやヘッドホンをお持ちの場合はこちらのタイプでも十分です。

但し、容量が16GBしかありませんのでご注意ください

SONY A30ウォークマンの販売価格と発売日は?

SONYからの発表によりますと日本での発売開始は2016年10月29日(土曜日)になるようです。

市場想定価格は以下の通りです。

  • NW-A35HN = 29,000円前後
  • NW-A36HN = 34,000円前後
  • NW-A37HN = 44,000円前後
  • NW-A35 = 22,000円前後

上記価格はいずれも税別です。

A20シリーズのNW-A27HN [64GB]のメーカー発表価格が41,380円+税でしたので新機種の方が若干割高になっています。


Sponsored Links

SONY A30ウォークマンの仕様を詳しく紹介。特徴やA20との違いは?

満を持して2016年10月29日(土曜日)に販売開始予定のNW-A30。

ではその実力とはどれほどのものなのでしょうか?

その特徴を徹底調査しました。

現行機種A20と後継機種A30の違いは?

NW-A20との一番の違いは、やはり操作方法でしょう。

今回発表されたNW-A30シリーズには前面がタッチパネル仕様で、3.1インチの大画面タッチパネル液晶(800×480ドット)が採用されています。

また、上下左右のフリック操作で本体の設定や楽曲の選択をスムースに行えるインターフェイスも搭載されています。

もちろん、使い勝手のよいタッチパネル以外のボタン類は健在です。

本体にあるボタンでは電源、ホールド、走行系の操作ボタン(再生、一時停止、曲送り・戻しの操作)等の操作が可能です。

このボタンがあればポケットやかばんの中でも画面を見ることなく簡単に基本操作が行えます

再生可能なファイル形式

再生が可能がファイル形式はMP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCM(WAV)/AAC/HE-AAC/FLAC/Apple Lossless /AIFF/DSD(DSF、DSDIFFフォーマット対応)となっています。

ご覧の通りほぼ全てのフォーマットに対応しています。

対応コーデックはSBCとLDAC。

もちろんBluetooth対応でBluetooth対応スピーカーがあればどこでも音楽を楽しむ事が可能です。

ちなみにBluetoothのバージョンは4.2となっています。

こだわりの音質

新商品では特に音質が強化されています。

そして特に強化したのが独自開発のフルデジタルアンプ”S-Master HX”です。

NW-A30シリーズではヘッドホン出力が従来機種の約3.5倍となる35mW+35mWに向上されています。

その結果、再生帯域のノイズを低減させ、繊細な音もクリアに表現出来る様になりました。

さらにA30では11.2MHzまでのDSD4再生(リニアPCM変換)が可能となっています。

その他の機能

A30にはハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能が備わっており、周囲の騒音を低減することが出来ます。

ヘッドホン同梱タイプには、専用ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン”h.ear in MDR-NW750N”が同梱されています。

駆動時間はMP3 128kbpsのデジタルノイズキャンセリング機能をオンにした状態で39時間、オフの状態で45時間駆動可能です。

Bluetooth再生時は時間が短くなり、LDAC(標準) FLAC 96kHz/24bitで約13時間駆動可能となっています。

本体サイズは54.8 x 97.3 x 10.7 mm (幅x高x奥)となっており、重量は約98グラムととても軽量です。

カラーは以下の5種類から選ぶ事が出来ます。

  • ビリジアンブルー
  • ライムイエロー
  • チャコールブラック
  • シナバーレッド
  • ボルドーピンク

芸術の秋を高音質で繊細な音もクリアに聞こえるNW-A30で楽しんでみてはいかがでしょうか?


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る