らくがき寺(京都八幡市)のアクセスや営業時間は?友人やカップルでも楽しめるスポット!

rakugakidera-access-1

関ジャニの村上くんとマツコが出演している「月曜から夜更かし」で取り上げられた、らくがき寺。

一風変わった観光地の特集で、このらくがき寺が放送されていましたね。

なぜ、変わったお寺として取り上げられたかというと、名前の通り落書きができるお寺なんです。

普通は落書きをすると犯罪になり、ニュースで大事になりますが、このお寺では許されているんです。

しかも、落書きには願い事を書くと、その願いが叶うと言われています。

京都には願いを叶えてくれるお寺さんがたくさんありますが、今回は隠れた名スポットであるらくがき寺を紹介していきます。


Sponsored Links

らくがき寺(京都八幡市)について

このらくがき寺では、境内の壁に思う存分願い事を書けるようになっています。

参拝者が全国からやってきて、自由に願い事を書くることがかららくがき寺という名前で呼ばれるようになったそうです。

ただ、どこでも落書きをして良いというわけではなくて、大黒堂の中のある白い壁の一部分だけですからね。

柱や仏像などに書いてはいけませんよ。

大晦日になると白壁が塗り替えられ、綺麗な状態に戻ります。

また、みんなが書く場所なので大きく書かずに、誰かが書くスペースをしっかりと置いてあげましょうね。

真剣に願い事を書く人もいれば、こんなゆり〜い願い事を書く人もいます。

本当に日本は平和ということですね〜。

他には、お誕生日に葉書がくることもあるそうですよ。

みなさんも願い事を書きにらくがき寺へ行きたくなったのではないでしょうか。

夢や理想を書くのは、潜在意識に訴えるそうで、願望実現する脳科学的に証明されていることがあるそうです。

夢が叶うのには、しっかりとした根拠があるみたいです。


Sponsored Links

アクセス

  • 〒614ー8013
  • 八幡市八幡吉野垣内33

京阪本線の八幡駅からは徒歩で10分から15分ほどで到着します。

京阪バスで旦所下車すると、すぐそばにあるので便利です。

八幡市八幡吉野垣内33

営業時間や料金は?

  • 定休日:月曜日~金曜日(正月三箇日を除く)
  • 営業日:土曜日と日曜日
  • 営業時間:9時~15時
  • 拝観料:100円
  • 祈願料:300円(大黒堂内、白壁に願い事を記載、奉納)

願い事を書くと叶う理由

願い事を書くと何故か叶ってしまったという人がいますよね。

書籍やテレビでも願い事は手帳やノートに書くことで、叶うと取り上げられています。

こんな手帳があるくらい、願い事を書く事は重要なんです。

願望が実現するのは何故なのか調べたところ、このような効果があるです。

  • チャンスに敏感になる
  • 目標が明確になる

目標や願望といった実現させたい夢を書く事で自己認識をしっかりと出来るようになるのでしょうね。

チャンスにも敏感になり、訪れた良い機会を、しっかりつ掴むこともできるようになります。

ここ最近目標を達成できなかったり、うまく夢が叶わないと思っている方は、ぜひらくがき寺へ行きましょう。

自分の夢を描きに行き、ぜひ願いを叶えてもらえればと思います。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る