プレミアムフライデーでイオンはセールを開催する?経産省が導入する理由。

プレミアムフライデーでイオンはセールを開催する?

大手広告会社や大手電機メーカーなど様々な会社で発覚している長時間残業問題

最近テレビのニュースで話題になっています。

ある会社では実際の残業時間より短い残業時間を申請させていたようで、組織ぐるみの長時間残業の隠蔽が問題になっています。

周りの同僚が帰らないと帰りにくかったり、会社から無言の圧力があったりと仕方なくサービス残業をしているオトナ男子も多いのではないでしょうか?

平日はとてもプライベートな予定を入れられず、毎日残業をする日々

しかし、そんな暗いニュースを打ち消してくれるかも知れない明るいニュースです。

経済産業省のからの発表によりますと、来年2017年2月からプレミアムフライデーとい制度が導入される事が検討されています。

ここではプレミアムフライデーによる効果などを詳しく説明していきます。


Sponsored Links

プレミアムフライデーが導入される理由

zeag01さん(@zeag01)が投稿した写真

経済産業省や経済界を中心にプレミアムフライデーの導入が検討されています。

ではそもそもプレミアムフライデーとはどのような制度なのでしょうか?

プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとは個人消費の喚起を目的とした制度です。

現在、経済産業省や経済界を中心に検討が進められています。

その主な内容は毎月月末の金曜日をプレミアムフライデーとすること

そして、プレミアムフライデーには午後3時に退庁や退社をルール化するという構想です。

ルール化するという事は導入するかしないかはその企業次第。

官公庁や大手企業では導入されるのでしょうが、中小零細企業ではどうなるのでしょうか?

プレミアムフライデーの導入時期

実施開始が予定されているのは来年、2017年2月24日からです。

上記の通り実施には強制力は無く、実施するように働きかける方針と言うことです。

実施の日程は2016年11月17日、世耕弘成経産相と日本百貨店協会等の流通関係の9つの団体と懇談会後に決定しました。

そして更に来年2月から月1回か2ヶ月に1度のペースで全国で実施するよう団体側により提案されました。


Sponsored Links

経済産業省がプレミアムフライデー導入する狙いは?

経済産業省がプレミアムフライデーを導入する狙いはどこにあるのでしょうか?

個人消費の喚起

経済産業省は月末の金曜日をプレミアムフライデーと定め、午後3時に退社、退庁させることで個人消費の喚起を目的としています。

早く職場を離れる事ができれば労働者のプライベートな時間を増やす事が出来るようになります。

そうなれば夕方から買い物をする時間が増えたり、習い事などへの消費を促進させることになります。

さらに金曜の早い時間から時間が取れるようになれば金曜午後から出発する旅行なども計画しやすくなります

このように個人の消費を促進することで日本経済を活性化させることが最大の目的のようです。

オトナ男子は金曜日の午後は早い時間から飲み始める機会が増えてしまうかも知れませんね。

また、もう一つの側面に残業時間を減らしたいという思惑もあるようです。

冒頭で書いた通り、大手広告会社の長時間労働による自殺など過剰な残業時間が社会問題になっています。

プレミアムフライデーはそんな問題解決の為の一石を投じる事になるかも知れません。

しかし、プレミアムフライデーを導入するかしないかはその企業次第

経済産業省主導や大手経済団体主導の計画ですから官公庁や大手企業では問題なく導入される事でしょう。

中小零細企業での導入にも期待したいところですが判断は経営者にゆだねられる事になります

イオンプレミアムフライデーセールは開催される?

プレミアムフライデーでイオンはセールを開催する?

イベント毎のセールと言えばイオンですね。

まだ余り日本では定着していなかったブラックフライデーサイバーフライデー

イオンはそんなブラックフライデーでも11月にセールを開催しました。

ではプレミアムフライデーのセールはイオンで開催されるのでしょうか?

プレミアムフライデーの実施予定次期が発表されたばかりなので、現時点ではイオンがプレミアムフライデーセールを開催するかは未定です。

しかし、2016年11月に実施されたブラックフライデーはテレビやネットのニュースでも取り上げられ大変話題になりました。

その為、プレミアムフライデーでもイオンがセールを開催する可能性は高いです。

1月の初売りセールが終わり、通常、2月は消費が減速します。

ですので、イオンとしては経済産業省主導で実施されるプレミアムフライデーを利用しないはずはないでしょう。

冷え込む消費に対応するプレミアムフライデー。

小売業だけでなく、習い事や旅行など様々業界が期待しているプレミアムフライデーですがまずはどれくらいの会社が参加するかが消費拡大の鍵となりそうです。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る