ラブソング(ドラマ)で福山が弾いてるギターのメーカー(ブランド)や価格を徹底調査!

love-song-fukuyama-guitar-1

2016年4月から福山雅治さん主演のドラマ「ラブソング」がスタートします。

月9はいつでも注目を集めるドラマ枠なので、良くも悪くも視聴率が話題になりますよね。

今回は視聴率男である福山さんが主演なので気合も入ってるはず。

制作チームはなんと「ガリレオ」を手がけた陣営で大ヒットしたドラマだけにかなり期待が高まります。

ドラマジャンルは違うものの、面白い内容になるには違いないと予想しています。

先日も「ガリエオ」の再放送を見て、相変わらず良い内容でしたし、何と言っても福山さんが男前。

男前の福山さんに注目が集まるのは当然なのですが、今回の「ラブソング」で気になってしまったことがあったのです。

それは、この映像でヒロイン藤原さくらさんと演奏していたギターなんです。


Sponsored Links

ラブソングで福山が弾くギターが気になる

音楽をかじっていた人はわたしと同じように、気になっているのではないでしょうか。

学生時代にハマりにハマった人もいると思います。

わたしも学生時代は音楽をかじっていたのですが、勉強もせずに練習に明け暮れていた青春時代でした。

大学受験とともにギターから離れていった記憶がありますが、みなさんのギターストーリーはどのようなものですか?

どこのメーカー?、価格はいくらなの?と調べたくなったあなたのために、今回はメーカー(ブランド)や価格を徹底調査してみました。

ギッターのメーカー(ブランド) はどこ?

上の動画で一番最後に映っていたの分かりました?

ぼんやりとですが「gibson」と書いているんです!

なるほど〜、ヴィンテージはさすが!

庶民にはなかなか買えない価格のギターですし、やっぱり良い物を使うんですね。

で、この「ギブソン」は福山さんが日頃から使っているギターなんですって。

「ギブソン」でもいろんなギターを使ってるいたいですね。

特にこのマーチンOM-45のギターは激レアらしいです。

歌ではなく、音を聞けとのCDもあったくらいですからね。

福山さんが所有している1930年製のOM-45の初年度生産が19本で、1933年まででなんと総数40本!

やばくないですか?

福山さんが入手した値段は1,000〜 1,500万円と予想されていますが、真相が気になりますね。

で、「マーチン」の方に話しがずれましたが、今回のドラマで使用している「ギブソン」についても少し詳しく調べてみました。


Sponsored Links

ラブソング(ドラマ)使用のギブソンについて

「ギブソン」はアコースティックやエレクトリックギターを製造している会社で、この業界では世界でも最も有名なカンパニーの1つと評価されています。

ギター以外にも、ピックや弦、アンプも製造しているみたいです。

この世界でもトップを誇る「ギブソン」ですが、日本の著名人でもたくさん愛用している方がいました。

福山さんを筆頭に、奥田民生さん、椎名林檎さん、山崎まさよしさんと音楽業界でも名だたる人が使用しているんですね。

価格や取り扱いは?

取り扱いは石橋楽器さんがたくさん販売しているみたいです。

常に4,000本の在庫も持っていて、国内でもトップクラス。

新宿の石橋楽器さんは試奏もさせてくれるそうですよ。

触り心地だったりをチェックすることもできます。

これだけ著名人が愛用しているだけあるので、ギターのも価格も高いかもと思う人もいるのではないでしょうか?

石橋楽器さんでは超鬼特価で一挙大放出しているので安く手に入るかもしれません。

石橋楽器さんのホームページに案内があったので、そちらを参照にしてくださいね。

憧れの愛用の1本が見つかるかもしれません。

みなさんも「ラブソング」を見て、青春時代をともに過ごしたギターも思い出すのもいいかもしれませんね。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る