Google Earth VRの使い方。HTC Vive以外の対応はいつ?

Google Earth VRの使い方

Google Street view(グーグルストリートビュー)Google Earth(グーグルアース)など様々な地図機能を提供してくれているGoogle社。

そんなGoogle社から地図機能を利用した新しいサービスの提供が開始されました。

今回発表されたのはグーグルアースの進化版で、Google Earth VR(グーグルアースVR)というサービスです。

アメリカのGoogle社は現地時間の16日、このGoogle Earth VRをSteamで公開しました。

Google Earth VRはその名前の通り、Google EarthにVRを対応させたものです。

ここではGoogle社の新サービス、Google Earth VRについて調査した結果を報告します。


Sponsored Links

Google Earth VRとは?

Google Street ViewやGoogle Earthを利用して旅行気分を楽しんだことありませんか?

そんなGoogle社が提供している地図を利用したサービスの進化版、Google Earth VRです。

Google Earth自体はGoogle社が2005年にサービスの提供を開始したバーチャル地球儀ソフトです。

地球の詳細な地形や、世界中の都市等をポリゴンでリアルに再現し、上空から様々な場所を見下ろす事が出来ます。

そして、2016年11月16日。

アメリカのGoogle社はSteamで自由自在に地球を見て回ることが出来る新サービス、Google Earth VR(グーグルアースVR)のサービス提供を開始しました。

Google Earth VRはGoogle Earthと全く同じ解像度の航空写真衛星画像、更に世界の主要な都市や観光名所の高精細且つ美しい3D画像をVRヘッドマウントディスプレーで楽しむ事が出来るサービスです。


Sponsored Links

Google Earth VRを利用する準備と使い方

Google Earth VRを楽しむためにはまずソフトのダウンロードが必要です。

ダウンロード方法

Google Earth VRのWindows対応バージョンは以下の通りです。

  • 対応OS = Windows 7以上
  • バージョン = 16/11/16
  • 著作権者=Google社
  • GPU = GeForce GTX 970またはRadeon R9 Fury以上

まずはゲーム配信サービスのSteamからGoogle Earth VRをダウンロードしてください。

専用VRヘッドマウントディスプレー

当然ながらGoogle Earth VRを楽しむためにはVRヘッドマウントディスプレーが必要です。

しかし、全てのVRヘッドマウントディスプレーで使用出来る訳ではありません。

上記のバージョンでサポート対応となっているVRヘッドマウントディスプレー現在のところ1つのみ。

HTC Viveのみが対応となっています。

Google Earth VRの使い方

操作にはHTC Viveのコントローラーを使用します。

このコントローラーを操作することで行きたい方向へ旋回したり、自由に行きたい場所へ行くことが出来ます。

HTC Viveを装着してコントローラーを手にすると目の前に小さな地球が現れます。

右のコントローラーのトラックパッドを操作すると地球へ近づくようにズームしていきます。

そしてズームするにつれて国名や町の名前、更には建物の名前などが見えるようになります。

左のコントローラーでは動く向きを変える事が出来ます。

他にも宇宙空間に浮かぶ地球からピンポイントで東京タワーの上空までダイブインなど迫力のある映像を楽しむ事も可能です。

Google Earth VRでは目的地までの行き方で迷うことはありません

Google Earth VRにはツアー機能が搭載されています。

その為、例えばマリーナベイサンズ(シンガポール)ビッグベン(イギリス)などの主要な観光地に迷うことなく簡単に辿り着くことが出来ます。

HTC Vive以外の対応はいつ?

HTC VIVEさん(@htcvive)が投稿した写真

Google社も自社のVRヘッドマウントディスプレーのDayDream Viewの発売を開始したばかりです。

しかし、Google Earth VRはDayDream Viewには対応していません

他にも多くのPSVRなど数多くのVRヘッドマウントディスプレーが発売されていますが、現在のところ対応しているのはHTC Viveのみです。

他の機種のVRヘッドマウントディスプレーへの対応は来年以降を予定しているとの事です。

一部の情報ではGoogle社独自のVRヘッドマウントディスプレーのDayCDeam ViewやOculusなどへの対応の可能性が高いと言われています。

しかし、現在のところ対応するVRヘッドマウントディスプレーの情報は明かされていません。

Google社からは来年のアップデートをお楽しみにとのコメントが発表されています。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る