ふれなばおちんのあらすじやネタバレを紹介。NHKドラマが時代のテーマである禁断の愛を描く。

furenabaochin-synopsis-information-1

NHK・BSプレミアムで「ふれなばおちん」が放送されることになりました。

放送日は2016年6月28日からスタート!

今回は家庭を大切にしている主婦が禁断の恋をしてしまう内容を描いたドラマ。

近頃、不倫報道がよくありますが、現代の問題でもありますね。

40代の主婦が恋に落ちていく瞬間をリアルに描いている禁断の愛。

主演の長谷川京子さん演じる上条夏が、日常生活と自分の欲望が揺れ動く姿もみどころです。


Sponsored Links

「ふれなばおちん」の放送日や基本情報について

    「ふれなばおちん」

  • 放送開始:2016年6月28日(火)
  • 放送時間:23時15分〜23時45分
  • 原作:小田ゆううあ作「ふれなばおちん」
  • 演出:三木公康一郎「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
  • 脚本:安達奈緒子「失恋ショコラティエ」
  • プロデューサー:石田麻衣「贖罪の奏鳴曲」

高視聴率をキープしている、「禁断の愛」をテーマにしているので本ドラマも期待できるのではないでしょうか。

最近では「不機嫌な果実」も好評でしたよね。

本作では「植物図鑑」を演出した三木公康一郎さんや「失恋ショコラティエ」を手がけた安達奈緒子さんが、演出や脚本に入っています。

この2人は恋愛系ドラマにおいて有名は方々なので、表現の仕方や内容が良いものになりまそうですね。

大人の禁断の愛をどのように描くがが期待できます。


Sponsored Links

あらすじやネタバレ

社宅で暮らす上条夏(長谷川京子)は家庭を大切にしているアラフォー主婦でした。

ある朝、上条夏の友人である小牧莉絵(戸田菜穂)が家族を残して恋人と家を出て行ったという噂を聞くことになりました。

家族が宝物よのうに大切な上条夏にとって、「家族を放り出して、男と家で!?」と信じられない様子。

その噂を聞いてからとある時に、小牧莉絵から旧に電話がかかってきた。

小牧莉絵はとても充実した日々を送っていて、家を出たことをひとつも悪く思っていないようでした。

むしろ、女性として生き生きしていたのです。

このあたりでの上条夏の心境が気になるところですね。

上条夏にとって夫や子供が大切なので、小牧莉絵が不倫行動に走ってしまったことを理解できたのでしょうか。

個人的な感想としては小牧莉絵の悪びれた様子がないとうのも、女性の怖さも感じ取れます。

家庭があっても恋に本気になってしまえば、夫も子供も簡単に捨てられるということです。

これは現実世界においてもあることですから。

男性は妻に対して、いつも恋心を抱かせておかないとダメなんでしょうね。

ドラマの内容に話しを戻しますね。

夫の義行(鶴見辰吾)の部下である佐伯龍(成田凌)が階下に引っ越しをしてきたのです。

実はこの引っ越しにはある企みがあったのです。

その企みとは「妻の上条夏の女性らしさを取り戻すため」だったのです。

妻の上条夏は家庭を1番にする良妻賢母。

しかし、家族を大切にするあまり、自分の身なりを気にしないような妻であった。

それを不満に思い見かねた義行佐伯龍に妻の上条夏を誘惑するようにお願いしたのです。

この誘いに対して上条夏の心の変化がどのように移り変わっていくのかが見どころのひとつとなります。

ドロドロを描くのか、純愛を描くのかは楽しみでもありますね!

みどころと原作のネタバレ

禁断の愛である不倫をテーマにしたテレビドラマがかなり好調な視聴率を推移しています。

つい先日まで放送されていた「不機嫌な果実」では、ドラマに共感してしまうという点で感情移入ができ、ついつい観てしますドラマだと高評価を受けていました。

本作でも同じように感情移入させることができる展開となれば、高視聴率をたたくことも期待できそうです。

主役の上条夏は長谷川京子さんが演じるので、女性からの支持はかなり高いですよね。

キャストとしては問題は一切ないので、作中での魅力の引き出し方が重要になってきそうです。

佐伯龍演じる成田凌さんとの絡みに注目です!

原作では上条夏自身にとって、何が本当に大切かという点で悩む姿が描かれます。

最終的に家族なのか佐伯龍のどちらかを選ぶときに家族が大切と心に決めることになります。

そこで2人の関係は終わりを告げ、佐伯龍が事故で亡くなります。

このクライマックスの部分をドラマでどう表現するかも注目されているひとつではないでしょうか。

締めくくりの最終回は絶対にチェックですね!

主演の長谷川京子さんに注目!

原作を読んだ方はご存知かもしれませんが、上条夏の表情は、可愛い女性なんです。

美人というよりは、愛されキャラというイメージかもしれません。

私の個人的な感想ですが、主演の長谷川京子さんは綺麗なイメージが強いです。

今回の上条夏を演じるにあたって、ゆるいパーマをあててふんわりした印象をつくったそうです。

年齢を重ねることに美しくなる長谷川京子さんですが、原作の上条夏の可愛さやキュートな感じをどれだけ表現していくのかも見どころです。

美しさだけでなく年々、演技力もますます凄みを増しています。

今回、注目されているドラマだけあって非常に楽しみですね。

みなさんも見逃しのないように、ぜひチェックしてくださいね!


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る