在職中の転職面接の質問でよく聞かれるポイントとは?採用への近道はこちらから。

change-job-interview-question

在職中の転職活動では、必ずといっていいほど聞かれる質問があります。

面接ではマナーはもちろん重要ですが、質問に対する回答を最重要部分として判断する基準としています。

その内容としては、「今の仕事を辞める理由」です。

採用係の人によって質問の仕方は変わってきますが、大きな柱はこの「辞める理由」となります。

大きな柱をみなさんの中で、しっかりと考えて整理していきましょう。

その後、柱以外の良く聞かれる部分を考えることとが採用の近道となります。

それでは質問内容を紹介していきますのでチェックしてくださいね。


Sponsored Links

今の仕事を辞める理由

ここからは今の仕事を辞める理由について、しっかりと考えていきましょう。

この内容は大きくこの3つの質問をされます。

  • 転職理由:なぜ、今の仕事を辞めて転職したいのか。
  • 志望動機1:今の会社ではその動機を実現できないのか。
  • 志望動機2:その動機を実現した理由はなぜか。

これらをもう少し深く見ていきましょう。

必ずといって良いほど聞かれる内容ですからね。

転職理由:なぜ、今の仕事を辞めて転職したいのか。

これはド定番ですが絶対に聞かれる質問です。

転職希望先の採用部門の方が一番きになる点です。

転職理由を聞くと、今現在の働いている会社の愚痴になる方がいますが、それはNGです。

できるだけシンプルな回答を考えて、相手に分かりやすく説明していきましょう。

ただ、話しを作って嘘で対応すると、深堀されるとバレることが多いです。

相手は採用のプロですので、注意して回答をしましょう。

転職理由が自分に原因があると感じている場合は、そのこともしっかりと伝えておきましょう。

自分に原因があるけど、この現在の就職先では改善できない理由を明確にして、転職をして変わりたいという決心を訴えることも必要になります。

感情に訴えかける想いが強ければ強いほど、その気持ちが面接官に伝わります。

志望動機1:今の会社ではその動機を実現できないのか。

今現在の就職先で、転職したい理由が実現できないのか聞かれることがあります。

「私の能力で御社に貢献したい」、「私の長所が活かされる」、といった自分の持ち味をPRした後に、今の職場ではその能力は発揮できないのか、その能力を活かすことがでんきないのかという質問が多いです。

この質問に対して、今の職場でも活かすことができるという返事をしてしますの採用の可能性はぐんと落ちます。

自分の力を今の会社では存分に発揮できないという理由を、かなり深堀りをして明確にする必要があります。

今の会社で発揮できる能力があるのであれば、わざわざ転職する必要なんてないと判断されますからね。

「転職先で自分がしたいということを明確にして、相手を納得させることができる理由」を考えておきましょう。

志望動機2:その動機を実現したい理由はなぜか。

志望動機1の内容をそこまでして実現したい理由を聞かれることがあります。

今でこそ転職というのは簡単になりましたが、自分の人生を変える重大な決断となります。

採用側からすると、大きな決断をしてでも「転職したい理由」が気になるところではないでしょうか。

単純に労働環境の良い会社や給与条件が良い会社を探しているという理由でも問題ないですが、どんな理由であろうと「あなたの想い」をしっかりと伝えることが必要です。

ここでも嘘偽りなく、本音で面接官と話しをすることで、あなたの想いが伝えるようになります。

あなたの志望動機をしっかりと深堀りをして明確にするようにしておきましょう。


Sponsored Links

その他:面接でよく聞かれる質問

change-job-interview-question-3

ここからはその他の質問事項について紹介していきます。

毎回の面接で頻繁に聞かれる内容を箇条書きにしておきました。

先ほどの必ず聞かれる理由が柱なので、その理由を明確にして、その他の枝の部分について考えていきましょう。

  • 簡単な自己紹介
  • 転職先に興味を持った理由について
  • 仕事をする上でのこだわりがあるかどうか
  • 自分の長所と短所について
  • 仕事をしてきて一番力を入れて取り組んだことや大きな結果について
  • 今までの経験を、どのような形で転職先で活かせると考えているか
  • 近い将来の3〜5年後に、どのような自分になりたいか
  • 現在の職場で辛かったことや苦い経験があったか。あった場合はどのようにして乗り越えたか
  • 仕事をしていて嬉しかったことについて、その理由も
  • 入社した場合にどのような部署に配属されたいか

このような内容が頻出質問となります。

面接官からすると在職中の転職活動では、現在就職先に戻られるというリスクを抱えています。

そのリスクを抱えている以上、みなさんのことを多少疑いながら面接をしている可能性もあります。

その色眼鏡を通して見られているところで信用を勝ち取るには、みなさんの熱い想いを伝える必要があります。

「現職から転職したい理由」をしっかりと理解して、シンプルかつ想いのある返事をするようにしてくださいね。

みなさんの転職活動が成功するように祈っています。

頑張っていきましょう!


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る