ビジネスメールで「ご尽力」は合ってる?お力添えと一緒に正しい用法を紹介。

business mail-your-efforts-1

みなさん、「ご尽力」と「お力添え」を仕事で使用することはありますか?

思い返すとビジネスシーンでよく使っていることではないでしょうか。

どちらも使用方法は違うので気をつけたいところです。

各々の基本的な意味から理解してもらえるように、まずは意味の解説からお伝えしていきます。

その後、活用してもらうために、例文をあげておくのでチェックしていきましょう!


Sponsored Links

「ご尽力」の意味

「ご尽力」とは助けるという意味があり、敬語に変えた言葉です。

よくビジネスシーンで耳にするのが「ご尽力いただき」という使い方です。

しかし、ちゃんと使い方を把握している人は少ないです。

ここからは「ご尽力」の正しい使い方を紹介していきます。

意味

尽力という言葉の意味は、字のままで「尽くす」という意味です。

これは漢字のままで解釈すれば問題ないですね。

「ご尽力」は敬語なのでビジネスにおいては、努力しますということばより、ふさわしい表現となります。

正しい用法

「ご尽力」の意味を理解したところで、使い方をみていきましょう。

言葉の意味を分かっていても、使用方法を間違えていたら駄目ですよね。

たまに「ご尽力を尽くす」という方がいます。

尽くすが2回くるのはおかしな表現なので気をつけましょう。

注意点

相手には「ご尽力」という使い方をします。

自分には「尽力」を使います。

意味は同じですが自分には「ご」をつけてはいけませんから注意しましょう。

使用例としてはこのよな表現があります。

「相手に使用する場合」

  • ご尽力いただきありがとうございます。
  • 関係者のみなさまのご尽力に心から敬意を表します。
  • ご尽力を賜り、感謝申し上げます。

自分で使用する場合もチェクしていきましょう。

「相手に使用する場合」

  • 誠心誠意尽力して参ります。
  • 一同、尽力させていただく所存でございます。

このようにあらゆるビジネスシーンで使用するので、この文例を参考にしてください。

敬語の表現としては頻出なので、ぜひ覚えておきましょう。


Sponsored Links

「お力添え」の意味

ここまで「ご尽力」の意味を紹介してきました。

いかがでしたでしょうか、しっかりと理解してもらえていると嬉しいです。

では、ここからは「お力添え」について学んでいきましょう。

「お力添え」とは「援助、協力」という意味があります。

目上の人に使用する場合は「お力添え」とし、後輩や部下には「力添え」というように使用します。

正しい用法

「お力添え」の意味を理解したところで、使用法をチェックしていきましょう。

「ご尽力」と同じように、あらゆるビジネスシーンで使用する言葉です。

しっかりと理解しておくと便利ですので、どのようなシーンで使用するか考えましょう。

お礼や依頼をする場合

お力添えは謙譲語となり、上司や目上の方にお願いする場合や、同僚の援助をお願いする場合の表現です。

お礼を伝える場合も、使用するのでチェックしていきましょう。

「お礼を伝える場合」

  • これもひとえにみなさまのお力添えのお蔭でございます。
  • 日頃よりお力添えいただきまして、心から感謝いたしております。
  • 先日は大変なお力添えを賜りまして、誠にありがとうございました。

ここからはお願いをする場合の使用法です。

それでは見ていきましょう。

「お願いをする場合」

  • 何卒お力添えいただきますよう、心よりお願いいたします。
  • みなさまのお力添えをいただきながら、一層の努力を重ねて参ります。
  • 今後ともより一層のお力添えを、何卒よろしくお願いいたします。

このように難しい使用法でもないですし、難しい表現でもありません。

覚えておけば、どんなビジネスシーンでも使用可能です。

できるビジネスマンは言葉遣いも気にかけています。

あなたも一流を目指すのであれば、このような細かいところから、身につけていくことをお勧めします。

どんどん活用してもらえれば幸いです。


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る