アキラとあきら(池井戸潤原作)のあらすじ。WOWOW以外の視聴方法は?

アキラとあきら(池井戸潤原作)のあらすじと結末。

日本を代表するベストセラー作家の池井戸潤さん。

そんな池井戸潤さんの最新作の”アキラとあきら“の小説版が2017年5月17日に発売開始となりました。

そして、小説版が発売されたばかりの”アキラとあきら”ですが、早速その小説版を原作とした連続テレビドラマ放送が決定しています。

小説の発売開始からドラマ放送開始まで随分短い期間ですが、これにはある理由があるようです。

そこでここでは池井戸潤さん執筆で2017年5月17日に発売された小説版の”アキラとあきら”を原作とする同名のテレビドラマの放送最新情報やドラマのあらすじなどを詳しく紹介していきます。


Sponsored Links

池井戸潤さん最新作の”アキラとあきら”原作小説が発売開始!

人気作家の池井戸潤さんの小説最新作となる”アキラとあきら“が2017年5月17日に発売開始となりました。

池井田潤さんの作品と言えば直ぐにいくつか思い浮かぶと思いますが、中でもやはり外せないのが大ヒットした2作品。

半沢直樹“と”下町ロケット“ですよね。

どちらの作品も小説、そして小説を原作としたドラマ版も大ヒットとなりました。

原作は10年前に完成してた

池井戸潤さん曰く、最新作の”アキラとあきら”はかなり以前から完成していたそうです。

完成したのは今から10年以上前の事

中々日の目見る機会が無いまま時は過ぎましたが、ついに小説版がリリースされる事になりました。

作品が世に出るきっかけはドラマ版が決定した事にあったようで、どうやら小説版がリリースされるより先にドラマ版の放送が決定していたようです。

いずれにしても小説も、その後の小説を原作としたドラマ版も大ヒットを記録している池井戸潤さんの作品たち。

はたして最新作の”アキラとあきら”も過去のヒット作同様に成功する事ができるでしょうか?


Sponsored Links

“アキラとあきら”の連続テレビドラマ放送最新情報

では次に向井理(むかい・おさむ)さんと斎藤工(さいとう・たくみ)さんのダブル主演という事も話題の池井戸潤さんの最新作、”アキラとあきら”の連続テレビドラマ放送最新情報を紹介していきます。

“アキラとあきら”放送基本情報

ではまず最初にテレビドラマ版の”アキラとあきら”の放送基本情報です。

残念ながら本作品はWOWOWのみの放送で、現在のところ民放での放送は予定されていません

ドラマ版の”アキラとあきら”を見るにはWOWOWに加入するか、若しくはDVDやブルーレイの発売を待つことになります

放送開始は2017年7月9日(日曜日)、放送局はWOWOW BS9で夜10時からとなります。

その後の放送も毎週夜10時から。

放送は全9話で、第1話のみ無料で放送されます。

2話以降の放送を視聴するためにはWOWOWに加入しておく必要がありますので、継続視聴を希望される場合はWOWOWの加入を忘れないようにご注意下さい。

“アキラとあきら”の豪華キャスト

池井戸潤さんの原作と言う事でも注目なのですが、更に注目したいのが豪華な出演陣です。

主演は向井理さんと斎藤工さんの2人。

脇を固めるキャストもまた豪華な顔ぶれです。

下町ロケットでも名演技を披露した小泉孝太郎さん、癖のある怪演が武器の木下ほうかさんや松重豊さん。

他にも田中麗奈さん、賀来賢人さん等も名前を連ねています。

池井戸潤原作”アキラとあきら”の原作あらすじとネタバレ

では最後に池井戸潤さんの最新作、”アキラとあきら”のドラマ放送のあらすじと結末を予想していきます。

“アキラとあきら”のあらすじ

主人公は2人のアキラ

一人は零細工場を経営する社長の息子、山崎瑛(やまざき・あきら)

山崎瑛は己の能力を信じて人生を生き抜いてきた天才。

そしてもう一人は大手海運会社の東海郵船の御曹司の階堂彬(かいどう・あきら)

階堂彬もまた己の意思で自らの人生を選んできた天才エリート。

零細企業の息子と大手海運会社の御曹司。

生まれも育ちも全く異なる二人の”アキラ”が運命の出会いを果たし、人生を賭けた戦いに挑む感動のヒューマンドラマです。

“アキラとあきら”の注目点

生まれも育ちも異なる二人のアキラ

全く境遇の異なる二人がどのように出会い、そしてどんな形で共に戦いに挑んでいくのか注目です。

そしてやはり注目なのは豪華なキャスト

人気俳優の向井理さんと斎藤工さんの競演は注目ですね。

第1話の放送開始は2017年7月9日(日曜日)夜10時からです。

前記の通り、無料放送は第1話のみですので1話以降の視聴をする為にはWOWOWの加入をお忘れなく


Sponsored Links

関連記事



ページ上部へ戻る