ゾンビ体操の効果でエイリアン脂肪を撃退!1日3分でラクに若返りダイエット

zombiediet-effect-1

名前が印象的な「ソンビ体操」ですが、その効果は凄いものがあります。

1日たったの3分から始めるだけで血管を若返らせることができます。

血管が元気になることでダイエットにも効果がありますし、アンチエイジングにも適した方法です。

また、心臓疾患の対策にも良いとテレビでも取り上げられていました。

ここ最近では芸能人の方が心臓疾患の病気を患ったりと報道されています。

その原因として心臓周辺の「エイリアン脂肪」がひとつの問題とも指摘されています。

その「エイリアン脂肪」を撃退するのに「ゾンビ体操」が効果的。

とっても簡単なやり方なので、みなさんもマスターして健康な体を目指しましょう。


Sponsored Links

ゾンビ体操効果とやり方とは?

ここからは「ゾンビ体操」のやり方を学んでいきましょう。

テレビや雑誌で紹介されていますが、どの内容をみてもとても簡単と話題になっています。

ではやり方を説明していきます。

みなさんも動画を読みながらやってみてください。

1、自然な体勢で立ちます。肩の力を抜いてリラックスした状態。
2、腹部に力をいれて凹ませる。ここだけ力をいれます。
3、その地点で足踏みジョギング。
4、ゾンビのように上体はブラブラさせます。手もブラブラさせます。顔もリラックス。

これを1セットとします。

1回したら30秒休憩し、また繰返します。

これを3セットするだけなので簡単ではありませんか?

忙しい人だろうと絶対大丈夫ですね。

休憩時間やテレビを見ながら、音楽を聴きながら、いつでも出来ます。

健康法は毎日続けることで効果が表れてくるので継続してください。

これでアンチエイジングやダイエットを可能にします。

「ゾンビ体操」の効果は全身の血の巡りを促進し血管を柔軟にする効果があります。

血行を良くすることで、若返りが期待できることは良く聞きますよね。

年齢を重ねるにつれて血管も固まる傾向があります。

血管が固まると以下のような状態になります。

・動脈の壁が分厚くなり血の巡りが悪くなる
・血管が詰まり、心臓のような重要な臓器を疾患する可能性がある

血管を柔軟にしていればこのような状態を防止することができるので先手の予防対策が必要です。

今回、記事で取り上げている「ゾンビ体操」では主に次の内容が挙げられます。

・体の血行を促進
・ダメージがある血管を回復し動脈効果を予防
・心臓中心の血管疾患を予防

「ゾンビ体操」はわたしたちの体に良い効果を与えてくれます。

血管をどんどん柔らかくしていきましょう。

血行を促進すれば酸素や老廃物の流れスムーズになります。

また、代謝も促進されダイエット効果も期待でき、結果として肌の細胞も活性化され、生き生きしてきます。

見た目も若返り、健康的な体づくりができることでしょう。

何と言ってもエイリアン脂肪から引き起こす、恐ろしい心臓疾患も予防できます。

エイリアン脂肪を知らなかった方に向けて紹介しますね。


Sponsored Links

エイリアン脂肪とは?

zombiediet-effect-2

このエイリアン脂肪とは心臓まわりに付いた脂肪のことです。

実は心臓は脂肪が付きにくい場所なのです。

わたしたちが良く耳にする皮下脂肪や内臓脂肪の次に第三の脂肪として取り上げられています。

この「エイリアン脂肪」は放置していると、突然心臓の痛みなので倒れてしまうことがあります。

最近では、この恐ろしい心臓疾患が起きるケースが多発しています。

特に日本人は心疾患による死因順位が2位なのです。

これほど多い死因なので心臓に関することは、しっかりと学んでおく必要がありますね。

気づかない心臓周りの脂肪

心臓周辺についた脂肪には気づくことができないのです。

ただ、最近脂肪がついてきた。

太ったということが目に見えて分かるのであれば危険です。

「エイリアン脂肪」となる原因としては脂肪が付き過ぎて行き場を失い心臓周辺に付きます。

脂肪余分であればあるほど「エイリアン脂肪」が多いという可能性があります。

やはり日頃からのダイエットが大切なポイントとなります。

ゾンビ体操で有酸素運動となる

「エイリアン脂肪」は余分な脂肪から付くと分かりましたよね。

脂肪を減らすのに効果があるのは有酸素運動が最適です。

今回、ご紹介した「ゾンビ体操」であれば時間が無くても簡単に行えます。

ウォーキングやジョギングのような辛い運動をしなくても、1日たった3分の「ゾンビ体操」で有酸素運動を取り入れてくださいね。

血行を良くして若返り、ダイエットも成功させて健康な体を手に入れましょう。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る