仕事がつらい時の乗り越え方とは?その原因と解決方法を紹介します。

work-get-over-1

仕事が辛い時期ってありませんか?

「どうやって乗り越えようか」、「仕事が大変だけど、解決するにはどうしようか」と考えたこがあると思います。

1日の約半日を仕事の時間として費やしているので、仕事での悩みは人生の悩みとも言えるのではないでyそうか。

今回は仕事で辛い経験をしている方に向けて、辛い状況に陥った時に乗り越えるヒントを紹介していきます。

まずは仕事が辛い原因を把握する必要がありすのでセルフチェックを行っていきましょう。


Sponsored Links

みんな仕事がつらい時がある

「仕事が辛いのは自分だけ?」と思っているかもしれませんが、どんな人でも仕事での辛い経験やストレスを感じたことがあります。

各年代に「仕事で辛い経験からストレスを感じた、または感じていますか?」という質問でアンケートをとったところ、このような結果がでてきました。

  • 20代
  • 強く感じる:38% 感じる:60% 感じない:6% 

  • 30代
  • 強く感じる:35% 感じる:63% 感じない:2% 

  • 40代
  • 強く感じる:41% 感じる:56% 感じない:3% 

  • 50代
  • 強く感じる:37% 感じる:58% 感じない:5% 

この数字から分かるようにほとんどの方が、仕事で辛い経験をされています。

あなただけではありませんので、心配する必要はありません。

自分指針で原因と解決方法を分かっていれば、問題な乗り切ることができます。


Sponsored Links

つらい原因を把握する

仕事が辛い原因には様々な理由があると思います。

多くの方が悩まれている原因は3つに大きく分かれてきます。

その原因とは「自分自身」「環境」「仕事内容」です。

  • 「自分自身」
  • 仕事の目標を達成できない場合、成果が出ない場合

  • 「環境」
  • 人間関係や労働環境が悪い場合

  • 「仕事内容」
  • 仕事内容が合わない、想像していた仕事と違う場合

これらについてもう少し深くみていきましょう。

自分自信

仕事の成果が出なかったり、任された業務を失敗してしまうことが続くと自信喪失にも繋がってきます。

営業職であればノルマ達成を目標に掲げるものの数字が思うように伸びず、上司から怒られます。

そうするとモチベーションも下がり、他の業務に支障をきたすこともあります。

事務職の場合は同じミスを繰り返す期間が続くと、自分の仕事に自信が無くなり、慎重になることから業務処理スピードが落ちてくるのです。

周囲への申し訳ない気持ちがど、どんどん悪い方向に向かっていきます。

環境

環境が悪いことで悩まれる方は、人間関係や労働環境に問題があります。

上司部下の関係であれば「上司がいつも理不尽なことを言う」、「部下が自分の言うことを聞かない」という内容が多いです。

同僚との関係が不仲である場合も、仲間はずれにされることもあり悩みの原因となります。

社風が合わない場合もあり、体育会系の会社で悩み辛い経験をされている方も多くいます。

労働時間が長い場合は毎日終電や泊まり込みが続く会社もあり、普通の生活が出来ない状態に強いられることもあるでしょう。

仕事内容

そもそも、仕事内容が合わないということで辛い経験をされる方も多いです。

想像していた仕事内容では無かった、顧客とのパワーバランスが悪いことで、相手のいいなりの状態になり精神的ダメージがひどく耐えたれないこともあるでしょう。

他には今やっている仕事の価値が見出せない場合に、働く意味があるのかどうか疑問になることもでてきます。

向上心の高い方に多い傾向があり、生活する手段として仕事をしていくだけとなり、喪失感からうつになる方もいます。

仕事で社会に貢献しようと高い志を持っている方は、仕事内容は大きく影響し、満足できなければ辛い経験に繋がることがあります。

乗り越え方とは?

ここからは仕事がつらい時の乗り越え方についてお伝えしていきます。

一人で抱え込むと、どんどん悪い方向で考えてしまいます。

色んな人へ相談することも解決するヒントとなるので、一人で背負いこまないようにしましょう。

では、さきほどのカテゴリー別で乗り越える方法を紹介していきます。

仕事の成果で悩み辛い時

思うような結果が出ない、失敗が続いている時期は自分一人で成果を出そうとすると、悪いスパイラルになり、どんどんパフォーマンスが低下していきます。

一人で解決しようとせずに、先輩や友人に積極的に相談するようにしましょう。

小言のうるさい上司もいますが、自分よりは経験をたくさんしているので、良いヒントを持っているかもしれません。

上司としても相談してくる部下は可愛いものです。

あなたが結果が出ない時期が続いたとしても、許してくれたり、最大限フォローしてくれることもあります。

環境が原因の場合

1日の約半分を過ごす会社で人間関係や労働環境が悪いと、仕事が辛いのは当たり前です。

上司の発言が理不尽や同僚とうまくいかないから嫌になることもあるでしょう。

ただ、人間関係が悪い場合に考えられるのは、自分の態度が悪い場合もあります。

同僚に対しての態度を改めるなど、自分自身に問題が無いかを見つめ直してみましょう。

意外とお礼や謝罪をしていなかったり、意見の伝え方がきつかったりと、振り返ると自分が悪かったなと思うこともあります。

労働環境に問題がある場合は部署異動や転職活動を早急に考えるべきでしょう。

給与面で満足がいかない場合も同じように転職をオススメします。

仕事でつらい時期というのは誰でも訪れることでもあります。

その経験をしている時に、自分の将来をどのように変えていくかを考えることが重要です。

そのまま乗り切れても、また同じように辛い経験はやってきます。

自分なりの方法で、つらい経験をしないような方法を考えていきましょう。

今がしんどい時期でも、未来を見据えた行動をしていけば、必ず良い結果になることでしょう。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る