Windows7でISOファイルをマウントする方法!Virtual Clone Driveの使い方

Virtual-Clone-Drive

ISOファイルとは?

ISOファイルとはディスクイメージとも呼ばれ、データCDやDVD全体を1つのファイルとしてコピーしたものです。

例えば、パソコンを購入した時にセットでついているMicrosoft OfficeのCDですが、これをパソコンに入れると自動でOfficeをインストールするためのEXEファイルを開くことができます。

しかしながら、MicrosoftのライセンスWebサイトなどからダウンロードしたISOファイルを開こうとしてもWindows7の標準機能では開くことができず、EXEファイルまでたどり着くことができません。

そこで今回は、Virtual CloneDriveという無料のソフトウェアを使用してISOファイルを開く方法を説明します。

※Windows8やWindows10では標準機能のみで、ISOファイルを開くことができます。


Sponsored Links

Virtual Clone Driveをインストールする

①下記のサイトからVirtual Clone Driveをダウンロードする

vc1http://www.forest.impress.co.jp/

②ダウンロードしたファイルを開いて下記の画像手順で進める

vc2

vc3

vc4

ダウンロードするファイルの展開先のフォルダはデフォルトでは特殊な場所になったりします。

デスクトップになっていないと後々見つけづらくなるので違う場合は変更しましょう。

③デスクトップに展開したフォルダからVirtual Clone DriveのEXEファイルを開く

vc6

vc7

vc8

vc9

ISOファイルに関連付けがされないとそもそもの意味がなくなりますので、該当箇所にチェックが入っているか注意して確認しましょう。

その他は分らなければ初期設定のままでOKです。

vc10

アプリケーションのインストール先はProgram Filesにしておきましょう。

vc11

vc12

正常にインストールが成功するとデスクトップに上記の様なアイコンが表示されます。

このアプリケーションを使用して実際にISOファイルをマウントすることができます。


Sponsored Links

Virtual Clone Driveを使用して、実際にISOファイルを開いてみましょう。

①開きたいISOファイルを右クリックし以下のように開く

vc13

②ISOファイルの中のEXEファイルなどを開く

vc14

ここから先はCDなどからアプリケーションをインストールするのと同じ操作です。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る