としまえんナイトプールの有料席の料金と種類。2017年に期間限定で営業開始!

としまえんナイトプールの有料席の料金と種類。

暑い夏の楽しみ方といえばやっぱり水を使った遊び

海へ行ったり、山へ行って川辺で遊んだり。

暑く火照った体を海や川の水でクールダウンするのって気持ちいいですよね。

でも都心にお住いの方だと海水浴が出来る海や川遊びが出来る様な川に行くのはなかなか大変です。

となると次の選択肢はやっぱりプール

そんな都会にある東京のプールで今回ご紹介したいのが東京都豊島区にあるとしまえん(豊島園)です。

実はこのとしまえんは今年30年ぶりにナイトプールが開催されます。

そこでここでは30年ぶりにとしまえんで期間限定開催となるナイトプールの開催期間や営業時間、チケット料金などナイトプールの詳細をご紹介して行きます。


Sponsored Links

としまえんで期間限定ナイトプールが開催

としまえん(豊島園)といえば関東近辺では知らない人がいないほど有名で歴史のある遊園地ですね。

そんなとしまえんでなんと30年ぶりとなるナイトプールが2017年に帰ってきました!

としまえんとナイトプールの開催概要

としまえんナイトプールの有料席の料金と種類

ではまず最初にとしまえんで30年ぶりに開催される事が決定した”としまえんナイトプール“の開催概要をご紹介します。

今年2017年のとしまえんナイトプールの営業日は7月28日(金曜日)から翌月の8月27日(日曜日)までの間の週末(金曜日、土曜日、日曜日)とお盆期間の8月11日から15日までとなっています

ナイトプールの営業時間は夜9時までで、営業は波のプールエリア限定となっていますのでご注意下さい。

営業期間:

2017年7月28日(金曜日)から8月27日(日曜日)まで

営業日:

上記期間中の金曜日、土曜日、日曜日 + お盆期間(8月11日から15日)

営業時間:

夜9時まで営業時間

営業エリア:

波のプールエリアのみ

入場料金一覧:

ナイトプールの入場料金は以下の様になっています。

大人(中学生以上)= 税込1,500円

子供(3歳から小学生まで)= 税込1,000円


Sponsored Links

ナイトプールは優雅に有料席で過ごそう!

toshimaen-nightpool4

上記の金額はナイトプールに入るための通常の入場料金です。

まあ、夜のプールに入って遊ぶだけなら上記の通常チケットで入場して、空いている場所を確保すれば良いと思います。

でも、せっかく素敵な雰囲気のナイトプールです。

ですからここはひとつ彼女やパートナーの為に奮発して有料シートで優雅なひと時を過ごしてみては如何でしょうか

有料席の種類と料金

有料席は日中の時間帯でも営業していますが、ナイトプールの営業時間中も利用する事が出来ます。

有料席の種類料金は以下の通りです。

下記の料金は入場料金とは別に支払う必要がありますのでご注意下さい。

また、有料席の数には限りがありますので満席の場合はご利用いただけない事がありますのでご注意下さい。

当日にどうしても有料席を確保したいと言う方は電子チケットによる事前購入も可能です。

プレミアシート:

棟数=全2棟

利用料金=8000円

スペシャルシート:

棟数=全26棟

利用料金=3500円

プールサイドシート:

棟数=全33棟

利用料金=3000円

ファミリーシート:

棟数=全49棟

利用料金=2600円

ペアシート:

棟数=全31棟

利用料金=2200円

シングルシート:

席数=全20席

利用料金=800円

ご利用は午後6時からナイトプールの営業が終了する午後9時まで、昼間の営業時間よりお得な料金でご利用頂けます。

プレミアシートは8,000円と少々高めですが、二人だけのゆったりとした贅沢な空間を確保する事が出来ます。

海外旅行に行ったと思えばまだまだ安いもの。

たったの8,000円で都会のナイトプールでリゾート気分を味わってみるのはいかがでしょうか?

としまえんのナイトプールで夏の夜を満喫

としまえんナイトプールの有料席の料金と種類。

としまえんナイトプールの魅力は何と言っても交通の便が良い事

最寄駅は西武池袋線の豊島園駅です。

東京都練馬区向山3丁目25−1

山手線などの複数の路線が乗り入れている池袋駅から西武池袋線で最短14分で到着します。

また、他には都営大江戸線も利用可能で、日本屈指のターミナル駅である新宿駅からもわずか20分で到着します。

これなら仕事が終わった後でも十分楽しむ事が出来ますね

都市型ナイトプールで波の音を聞きながら美味しいお酒を飲んでリゾート気分を味わう。

夏の夜はそんな素敵で優雅なひと時を過ごしてみると言うのは如何でしょうか?


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る