1週間でお腹痩せダイエット!無駄な贅肉を撃退する方法

stomach-deit-1

場はなんとか隠せたお腹。

春から夏にかけて衣替えの時期になりますね。

コートやニットセーターとお腹周りを隠せた服もクローゼットの奥へ片付ける。

段々と薄着になっていくあなたの服装。

今まで隠せていたお腹があらわになってきます。

なかなかダイエットするにも一苦労だし、気乗りがしない。

食事制限をするがこれも続かない。

なかなか続けることができないあなたに、1週間でお腹が痩せる方法を伝授したいと思います。

1週間という短い期間なので、ちょっとだけ続けてみませんか?

ビフォーアフターで比べると結構嬉しくなる結果がでてるかもしれません。

今年は気合を入れたいというあなた!

一緒にチャレンジしてみましょう。


Sponsored Links

1週間でお腹痩せ!オトナ男子に贅肉は必要ない

格好良い男性を目指すのであれば、お腹まわりに贅肉がついてるなんてありえないですよね?

男前ならシュッとしたスタイルに決まってる。

オトナ男子に贅肉なんて考えられません。

男ならスポーツ選手や鍛えている人のように6パックの腹筋になりたい思いはあるはずです。

実はみんな6パックの腹筋を持っていて、体脂肪が低ければあんな風に腹筋が浮き上がってきます。

体脂肪が10パーセントを切ったあたりから腹筋が割れているとしっかり自覚できます。

14パーセントくらいでもうっすらと割れているように感じます。

夏場に向けてアピールするチャンスですし、ほどよく割れた腹筋を目指すためにも少しづつお腹痩せの意識をもっていきましょう。

まずは1週間という短期間で結果を作っていきましょう。

結果が出るとあなたも意欲的になれることでしょう。

プチ断食で食欲をリセット

stomach-diet-2

1週間という短い期間ですが、プチ断食するには十分なくらい。

何日も断食をするわけじゃないんです。これはたったの1日だけ。

1日何も食べないで我慢は必要ですが、週末ゆっくりする日をつくって家でゴロゴロしていてもできます。

お水や温かいお茶を飲みながら過ごすと、胃にあったものが「スッキリ」した感覚になります。

鏡で自分の体をみても前日と比較して、見に見えて効果があります。

その瞬間は嬉しい気持ちになりますよ?

ここから本格的にあなたのお腹痩せダイエットが始まります。

この小さな結果が鍵となり、やる気がみなぎる元なのです。

1日断食をした翌日は胃に優しいおかゆなどで過ごすことで、体を馴染ませていきます。

その翌日も夜の食事も少なめにすることが重要なポイント。

約3日ほど少食にしたことであなたの胃は小さくなり、食事の量も正常に戻ります。

残りの4日は通常の食事量でもそれほどストレスを感じないと思います。

基本的に通常の食事と適度な運動をしていれば体脂肪は10パーセント代のはず。

10パーセント代前半であればお腹痩せダイエットをしようと思うほど、それほど贅肉はついていません。

今、この記事を読んでいるあなたは体脂肪率がそこそこ高いと予想できます。

食事の量も多く過剰にカロリーを摂取していることでしょう。

プチ断食でリセットをしてここからロケットダッシュとなるように頑張るのです。


Sponsored Links

運動や筋トレ運動でキュッと引き締める

stomach-diet-3

プチ断食で食欲とカロリーコントロールができる習慣が身についてきています。

ここで痩せる体質に向かう方向づけができているので、効果を上げるために地道に運動や筋トレを取り入れていきます。

お腹痩せダイエットは長い道のりになりますが、習慣化させることで確実に成功に繋がります。

そして適度に運動をすることがお腹痩せダイエットには必須になるんです。

腹筋をする

お腹のトレーニングの王道でもあり鉄板です。

腹筋はしんどい作業ですが確実に効果があります。

鍛えている人で回数が基準になっている人もいますが、何百回もする必要はないのです。

また、上体を全部起こさなくても大丈夫。

肩甲骨が浮き上がる程度で体を丸めながらおへその辺りに視線をもっていきます。

勢いではなく、お腹の筋肉でゆっくりと丸めていってください。

20回ほどやるのも結構きついと思います。

呼吸で引き締める

ちゃんとした呼吸をすることでお腹痩せダイエットができます。

しっかりとした複式呼吸ができればインナーマッスルを強化することになります。

やり方は簡単。

まずは鼻から息を吸います。

お腹を膨らませながら5秒ほどかけてください。

次に口から息を吐きます。

これも5秒ほどかけて吐いてください。

しっかりと全部の息をだすことに注意が必要です。

呼吸で引き締める方法はたったこれだけ。

実は慣れるまで頭がくらくらする感覚があるので気をつけてくださいね。

大きく深呼吸することで血液循環が良くなり、代謝アップにもつながります。

お腹の脂肪も減らせるチャンスとなります。

10代の頃とは違う30代、40代の現実

10代の頃と違って痩せにくい体質になっているのは間違いありません。

10代はお腹痩せどころか、ダイエットの必要もなかったのではありませんか?

そもそも基礎代謝が違うので、30代と40代の方は放っておいてお腹痩せができたりダイエットが成功することはありません。

筋肉の量が減っている現実を受け入れていきましょう。

やはり筋トレとたんぱく質の摂取を心がけた食生活も重要となります。

代謝率を上げて、痩せやすい体質に戻していけば楽に脂肪を減らすこともできますし健康体にもなります。

筋トレであれば週の中で上半身を鍛える日と下半身を鍛える日で分けて日程をつくると良いでしょう。

筋トレで痛めた筋繊維が回復するには数日かかります。

上半身と下半身を交互に鍛えることによって、休養をいれることができ筋肉の超回復につながります。

より強い筋肉へと再生されるのでカロリーを消費しやすくなります。

筋トレ意外でも階段の上り降りや、徒歩を多めにして積極的に運動を取り入れることが必要です。

日頃の意識があなたを変えるのです。

辛い日が続くこともありますがコツコツと頑張っていきましょう!


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る