ご容赦くださいの意味や使い方とは?メールでも使えるフレーズを理解しよう。

pardon-meaning-howh-to-use-1

みなさん何卒、ご容赦くださいという言葉の使い方はご存知でしょうか。

ご容赦くださいという言葉は「許す」という意味があります。

自分がミスや失敗をした際の使う言葉としてよく用いられます。

取引先との交渉中や社内でのメールでも、あらゆるビジネスシーンにおいて使用されるワードです。

正しく綺麗に使うことで、相手の印象も良くなりますし、他のビジネスマンとも差をつけることができるでしょう。

今回は「ご容赦ください」というワードの意味や使い方を改めてチェックしておきたいという方に向けて記事を書いていきます。

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。


Sponsored Links

ご容赦くださいの意味

ここからは改めて「ご容赦ください」という言葉の意味について考えたいと思います。

会話では「容赦しない」という言葉をよく耳にすることが多いですが、書き言葉になると「ご容赦願います」、「ご容赦ください」が多くなる傾向にあります。

そんな「容赦」という意味をもう少し深くみていきましょう。

何卒ご容赦くださいの「容」とは?

「何卒ご容赦ください」というワードの「容」というワードに焦点をあてていきます。

「容」というワードには、受け入れる、聞き入れる、ゆるすといういみがあります。

使い方よとして「容赦、容認、寛容、許容」というような使い方をされることがあります。

相手をこころよく受け入れるという意味もふくまれていたり、許される範囲を言葉にすることもあります。

何卒ご容赦くださいの「赦」とは?

「何卒ご容赦ください」というワードの「赦」というワードに焦点をあてていきます。

「赦」というワードには自分がダメなこと、つまり過ちをおかしたことを、赦してもらうときに使用される言葉となります。

他の使用例では「赦状(しゃじょう)、赦免(しゃめん)」という使い方があり、どちらも刑罰や過ちを許すことという意味です。

つつしむべき場所や畏る時に使われたりするので、かたい表現でもあります。


Sponsored Links

使い方や使うタイミングを考える

みなさんが気になるところですが「何卒ご容赦ください」という言葉の使い方や使うタイミングについて考えていきましょう。

こんなシーンを想像してみてください。

「ご注文の商品の納期が間に合いません。大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦ください。」、「セール商品に数量限定となります。品切れの際は何卒ご容赦ください」というような使い方があります。

みなさんのビジネスシーンでも当てはまることがたくさんあることは間違いありません。

会話中やメールの連絡でも良く使われる言葉で、うまくこの表現を使えるようになると、相手に対して良い印象を与えることができます。

「何卒、ご了承ください」も近い表現?

ここで気をつけたい内容があるので紹介していきます。

よく間違える言葉として「何卒、ご了承ください」という言葉を、自分のミスや悪いシーンで使用する方がいます。

「了承」という意味は事情をくんで納得することや承諾することを意味します。

相手によっては不快に感じる方もいるので、うまく使い分けをして、先方への気配りを怠らないようにしましょう。

使い方を間違いえることが大きなトラブルを招いてします可能性もあります。

ここは注意しておきたいポイントです。

「何卒ご容赦ください」で自分のミスや失敗を詫びる

「何卒ご容赦ください」という言葉を使用できるようになることは言葉の意味だけでなく、自分の行動を振り返り反省することができます。

無礼な態度があった場合でも、綺麗な表現で申し訳ないな気持ちを、言葉やメールで表現することは大切です。

雑な言葉に比べて、自分のの気持ちがしっかりと伝わります。

取引先の人とのコミュニケーションを行うにあたって、綺麗な表現でシーンに合った言葉の使い方ができれば、相手からの信頼も得ることができ、距離感もぐっと縮まっていきます。

社内においても同様にあなとという存在が際立ち、信頼が厚くなっていきます。

状況に合わせた言葉の使い方をしっかりと学んで、より密な関係を構築してくださいね。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る