盲目のヨシノリ先生のあらすじ(ネタバレ)を紹介。号泣したい人必見の感動ドラマです。

moumokuno-yoshinorisensei-1

24時間テレビの目玉企画はもちろんスペシャルドラマですよね。

今回は8月27日(土)21時頃からテレビドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜」が放送されることになりました。

本作は、埼玉県の皆野中学校を舞台にした実話で、登場するのが教師である新井淑則さんという人物です。

原作は新井淑則さん著書の「光を失って心が見えた〜全盲先生のメッセージ〜」(金の星社)です。

その原作を題材にドラマに仕立てた感動ストーリとなっています。

今回はドラマのあらすじやネタバレについてまとめていますので、ぜひチェックしてください。


Sponsored Links

盲目のヨシノリ先生光を失って心が見えたについて

    「盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜」

  • 放送日:2016年8月27日
  • 放送時間:土曜日21時頃
  • 放送局:日本テレビ系列
  • 原作:新井淑則「光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ」(金の星社)
  • チーフプロデューサー:西憲彦
  • プロデューサー:大倉寛子、尾上貴洋(AXON)
  • 協力プロデューサー:櫨山裕子
  • 脚本:水橋文美江
  • 演出:中島悟
  • 音楽:得田真裕
  • 制作協力:AXON
  • 制作著作:日本テレビ

脚本の水橋文美江さんは恋愛ドラマからシリアスドラマまで、幅広くジャンルを手がけており、その実力には定評があります。

今回24時間テレビのスペシャルドラマを担当することになりましたが、2015年の「母さん、俺は大丈夫」に続いて6回目となり、24時間テレビでの実績は素晴らしいものがあります。

その経験を活かし「盲目のヨシノリ先生」も素晴らしい作品に仕上げていることでしょうね。

号泣できる感動ストーリーとの噂もあり、期待できるのではないでしょうか。


Sponsored Links

あらすじやネタバレ

先ほどお伝えしましたが、このドラマは埼玉県内で中学教師・新井淑則(あらいよしのり)さんの実話を基に制作されたドラマです。

教師・新井は学園ドラマの熱血教師に憧れていました。

国語教師として、生徒たちに本気でぶつかり、真剣に子供のことを考えていた。

一緒に遊んだり、悩んだり、悔しがったりと、大好きな生徒たちといることは幸せでした。

新井にとって教師という職業は天職だったのです。

学校から帰ると家には家族がいた。

大好きな妻と3人の幼い子供が帰りを待っていたのです。

仕事が終わり、子供たちの寝顔を眺める事が何よりも楽しい生活でした。

そんな毎日に新井はてっても充実したいた日々を過ごしていました。

しかし、そんな充実した幸せな日々は続く事がなかった。

突然終わりを告げるのでした。

ある日、新井は視力を失ってしまうのであった。

今まであった幸せな日々が、彼のもとから急になくなっていくのです。

生徒に授業をすることもできません。

愛する我が子たちの成長した姿を見ることもできなくなった。

真っ暗な絶望の中、家に閉じこもり、家族にあたり散らし、ついには、自殺まで考えるように。

そんな新井を支え続け、前を向かせてくれたのは、家族や教え子、友人たちの存在だった。

「もう一度中学校の教師に!」と新井は決意しました。

夢への挑戦をあきらめなかったのです。

しかしそれは、長い長い苦闘のはじまりにすぎなかったのです。

みどころ

24時間テレビドラマ「盲目のヨシノリ先生」のみどころです!

簡単に紹介していきます!

新井淑則役を演じる加藤シゲアキさんが盲目の方を、どこまでリアルに演じきれるかという点に注目が集まっています。

盲目でもない人が、リアルに演じるのは難しいことだと思いますが、演技に定評のある加藤シゲアキさんなら演じきれるのではないかと思行っています。

また、その人と関わる周りの環境ですが、新井淑則さんをささえる家族や生徒の姿もみどころのひとつです。

障害を持っている方への思いやりが表現されるのですが、綺麗ごとだけではありません。

ただ、障害者だからといって、違う扱いをするのもおかしいという声もたくさんあります。

このドラマをきっかけに、お互いが思いやりをもった、生き方ができれば良いなと考えます。

もちろんお子さんにも観てもらいたいスペシャルドラマです。

家族みんなで観れたら、より一層絆も深まるのではないでしょうか。

ぜひ楽しみにしていてくださいね!


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る