週2回ジョギングで効果を実感!10分からはじめる細マッチョへの道

jogging-diet 1

ここ最近お腹がでてきた。

ダイエットをしようと思っても、もっぱら外食中心だ。

昼になったらカツ丼やハンバーグ定食を食べてしまう。

夜は居酒屋で仕事の疲れを癒す。

フライドポテトと唐揚げをビールで流しこむなんて最高に美味すぎる。

そして最強のあれ。

締めのラーメンをスープを一滴残らず流し込む。

こんな生活が続けば太るなんて当たり前。

細マッチョへのあこがれなんて、ただの夢にしかすぎない。

さすがにこの生活で細マッチョは目指せませんが、ジョギングをすると意識変化が起きます。

たった週2回ジョギングをするだけ、それもたったの10分から。

ここから食生活もガラリと変え体型も理想のボディを手にいれることができる。

気になる方はぜひ、読み進めていただきたい。


Sponsored Links

週2回!たったこれだけ!?

jogging-diet 2

運動が苦手だという人でも大丈夫!

苦手な人は週2回がちょうどよい。

このくらいは努力しなくてもできる範囲。

どれだけ運動が苦手な人でも問題ないはず。

週2回であれば体が悲鳴をあげることもありませんし、健康維持にも最適。

これで文句を言う人は単なる甘えですよね?

厳しいことを言いますが、細マッチョの夢はあきらめるべきです。

とは言ってもモチベーションを維持するのは意外と難しいもの。

ちょっとした続けるコツを伝授しようと思います。

さあ、甘えから脱却しついてこれる人はここから次のステージへ行きましょう。

歩くから走るへ

日頃運動していない人が急に走ると膝を痛める原因となります。

ジョギング中の膝への負荷がどの程度か知っていますか?

あなたの体重の約3倍!

恐ろしすぎるくらい、負荷がかかっています。

運動不足の人が膝を壊すのが当然と感じます。

まずは歩くから始めることで、足腰を鍛えることができます。

もうそろそろ大丈夫と思った頃から、徐々にジョギングへと切り替えていくのです。

ジョギングといっても長い時間は禁止!

まずは10分を目安に歩くスピードでジョギングをすること。

ある程度、回数をこなしているとスピードを上げたくなってきますが我慢です。

最初は10分から20分、20分から30分へと時間を延ばしていくことが先決です。

週2回のジョギングは10分からが鉄則だ。

アメムチの法則

これは鉄板です。

頑張った自分にご褒美をあげる。

週2回の運動が大したことでなくても、目標を達成した自分にはご褒美をあげる。

これが更なるやる気を引き起こします。

脳は単純でもあり賢いもので頑張ったらご褒美があるのだと覚えてします。

そうすると、またあのご褒美をもらった時の快感を得るために運動するぞとやる気がでてきます。

達成したらご褒美の繰り返しで脳を攻める。

成功したとう間隔を自分の脳へ焼き付けていきましょう。

音楽やラジオを聞きながら!ながらジョギング!

最近はスマホで音楽を簡単に聴けるアプリがあったり、距離や時間を計測するアプリがある。

本当に現代は走るのに最適な環境が揃っています。

ラジオもアプリで聴くコトができるし、英語の勉強といったリスニングも可能。

もはや、ジョギングが学びの場と化する状態です。

わたしたちは文明の利器と先人の知恵を手にしているのです。

これを使わずしてどうしろというのか。

拒否するなんて愚か者でしかない。

ぜひ、この世にある便利なツールを使っていきましょう。

わたしもジョギング中はテンションが上がる曲を聴いています。

気持ちも乗ってきて自然と良いペースになる。

ただ、スピードが上がってくるのでスピードコントロールをしっかりと。

しんどいと感じたら歩く

歩くスピードで走っていたも、ジョギング中にしんどくなることもあるでしょう。

その場合は無理をすることなくウォーキングに変更をオススメします。

また、走れると感じた時にジョギングへ移していけば問題ないので大丈夫。

毎日、一歩でも成長できたと思える程度でいきましょう。

無理はいけませんよ。


Sponsored Links

ジョギングであなたの心と意識が変わる

jogging-diet3

ジョギングはもちろん適度な運動であなたの心と意識が変わります。

心が変われば、行動が変わる。

10分の運動からポジティブな気持ちを引き出すことができ、運動をすることで神経が活性化され行動的かつ意欲的な気持ちになります。

体を動かすことで気持ち高めてくれるホルモンを分泌し脳を刺激してきます。

その結果、やる気に満ち溢れ体は元気だと勘違いを起こすことになります。

たしかにジョギングをしていると最初はしんどいと感るのですが、走るについれて体が楽になってくることがある。

まだまだ走れるという気持ちになり、実際長い距離を完走してしまった経験もあります。

要因としては10分程度走っていると体が温まり息づかいも安定してくるが大きと思いますが、脳が満たされている状態になり貪欲になっているのでしょう。

走り始めは今日は調子が良くないかもと感じていたのが、中盤から終盤にかけてどんどん力がみなぎってきます。

このハイになった瞬間。

気持ちがスッキリと爽快な気分になり、結構やばい。

また、ランニングをつづけていることで体との対話ができるようになる。

「体に良いものを食べよう」「健康的な食事を意識しよう」と労わることができてきます。

伴って、生活習慣がかわりより健康的な体へ変化していきます。

ジョギングで脂肪がぐっと減る

細マッチョへの道は決して平坦なものではない。

運動なしでといきたいところだが、やはり有酸素運動は必要となる。

ただ、味方につけると効果絶大!

ジョギングは強い味方となるのです。

新陳代謝もあがり痩せやすい体質となり、良い循環がうまれてくるのです。

このリズムをつくることができると勝ったも同然。

あなたも細マッチョに近づき、理想のボディへとなれることだと思います。

これで週2回のジョギングで効果を実感できるでしょう。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る