冷えピタを貼る場所は?夏は赤ちゃんの足から熱を吸収!

hiepita-place-baby-1

近頃、「冷えピタ」を貼るのも常識的になり、熱がでたら「冷えピタ」を貼るという方も多いのではないでしょうか。

私の場合は、暑さで寝苦しい夜にも「冷えピタ」をはっています。

大人から子供まで、おでこに簡単に貼れるのが便利なところですよね。

ただ、お子さんがいる方で「冷えピタ」を貼るのに困った経験はありませんか?

貼った瞬間に感じる冷たさが嫌なのか、かなりの勢いで泣き叫ばれることもあります。

赤ちゃんの場合だと寝ている間に、はがれてしまうことも多いですよね。

意外と貼る場所に困ったりと悩むことも。。。

今回は、そんなお悩みの方に向けて赤ちゃんに対して「冷えピタ」を貼る正しい場所をお伝えしていきます。

また、大人も必見!

「症状別に貼る場所が違う」ので、参考にしてもらえればと嬉しいです。

まずは貼る場所を覚えていきましょう。


Sponsored Links

冷えピタを貼る場所とは?

まずは「冷えピタ」の効果を覚えてもらいたいですが、解熱作用はありません。

体の表面を冷やす効果だけなので、注意してくださいね。

それでも、一時的に熱を奪ってくれるので、少しリラックスすることはできます。

また、症状によって貼る場所をかえることをオススメします。

熱が出た場合

風邪で高熱が出た時に、昔は氷水で冷やしたタオルを絞っておでこに乗せていました。

今では「冷えピタ」が、簡単にその代役をしてくれます。

おでこを冷やすとスッキリしますよね。

おでご以外では「脇の下」を冷やすと、血液の温度を下がることができて良いそうです。

注意しないといけない点ですが、熱が上がってい最中はダメです。

一度熱が上がりきった状態で「脇の下や足の付け根」を冷やしてくださいね。

頭が痛い時

偏頭痛がおきている時は、血管を収縮させて頭の痛みを抑えます。

「冷えピタ」を貼る場所としては、小さく切って、こめかみに貼るのが効果がありますよ。

ただ、肩こりの場合で偏頭痛が起きているのであれば、血管を収縮させてはいけないので、冷やさないようにしてくだしね。

頭がぼ〜っとしてたり火照った時

頭がぼ〜っとしていたり、火照った感じがある時は、おでこに貼ると良いでしょう。

頭部周辺の熱が上がると、ぼ〜っとしてくるので「冷えピタ」で解消してください。

すぐにスッキリしますよ。


Sponsored Links

赤ちゃんの場合はここ!

hiepita-place-baby-3
大人が発熱した場合に貼るべき場所をチェックしてください。

こちらに3箇所になります。

  • おでこ
  • 脇の下
  • 足の付け根

しかし、赤ちゃんが熱を出した場合におでこに貼ると、手ではがすことがあるので困りますよね。

また、寝返りで口に入る場合や口や鼻を塞ぐ可能性もあるので危険です。

基本的にはおでこへの使用は止めたほうが無難です。

事故が怖いので口や鼻は避けて貼るようにしましょう。

足の付け根や脇の下

「足の付け根」や「脇の下」には太い血管があります。

熱がある時に血管やリンパを冷やすことで、体を冷やす効果があります。

ただ、赤ちゃんが発熱する当初は、熱が上がっている最中です。

手足が冷たかったり、体がブルブルと震えている症状が続いています。

その時は、体を冷やさずに、温めるようにしてください。

熱が出始めには注意してくださいね。

しっかりと見守る

hiepita-place-baby-2

先ほどもお伝えしたように、赤ちゃんに「冷えピタ」を貼る場合は、口や鼻の近くに貼ることはNG。

貼っていたのがはがれて、窒息の可能性もあります。

おでこじゃないからと安心していてはいけません。

「冷えピタ」は汗で粘着力が落ちるので、脇の下や足の付け根でもはがれて口元に来る可能性もあります。

何度もいいますが、赤ちゃんへの「冷えピタ」の使用は、しっかりと見守ることが危険への対処法となります。

掴んだものを口へ持っていかないように、、大切な子供のことを目を離さないようにして守ってくださね。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る