世界終末時計2017現在の最新情報。更に時間が短縮された意味とは?

世界終末時計2017現在の最新情報。

あまり聞きなれない名前ですが、世界終末時計をご存知ですか?

何とも恐ろしいネーミングの時計ですよね。

しかし、時計と言っても本物の時計の様に実際に動作して時を刻む様な物ではありません。

世界終末時計のはその名前の通り世界の終末(世界の終わりまでの時間)を表す時計です。

そして、2017年1月末。

その世界終末時計の残り時間が過去最大に縮まったとのニュースがネットを賑わせました。

政治、経済、宗教などな実に様々な要因に影響を受けるのが世界終末時計。

そこで、ここではそんな世界終末時計の仕組みについて詳しく説明して行きます。


Sponsored Links

世界終末時計とはどんな時計?

では、まず初めに世界終末時計とはどんな時計なのかを掘り下げて説明して行きます。

世界終末時計とは?

世界終末時計は別名で運命の日の時計や、単に終末時計とも言われる事がありますが基本的に全て同じ意味合いで利用されています。

世界終末時計とは前記の通り世界の終末(世界が終わりを迎えるまでの時間)、つまりは人類が滅亡するまでの時間を示す時計で、実際にチクタクと時を刻む時計とは全くの別物です。

世界の終末は午前0時

世界終末時計では午前0時を世界の終末(人類の滅亡する時間)と定めています。

そして、それまでの残り時間をアナログ時計の表示で表現しています。

人類滅亡までのカウントダウンを示すこの時計

では一体その時間はどのように決められ、どのようなタイミングで時間が短縮される事になるのでしょうか?


Sponsored Links

世界終末時計の残り時間は誰がどう決めるのか?

Bridget Makさん(@bridgetmak)が投稿した写真

世界終末時計が誕生したのは1947年

アメリカが日本に原爆を投下した2年後にアメリカの科学雑誌の Bulletin of the Atomic Scientistsの表紙として登場したのが始まりです。

そして初めて世界終末時計が登場してから現在まで同雑誌の委員会によって時刻の修正が行われて来ました

世界終末時計の誕生=1947年

発案社=アメリカの科学雑誌“ Bulletin of the Atomic Scientists”

修正者=同誌の委員会

過去の世界終末時計修正の歴史

1947年に初めて登場した世界終末時計。

その時計の針は世界中で起こる様々な要因によって修正され続けています。

誕生直後には7分残っていた時間も2017年時点では半分以下の2分半まで短縮されてしまいました。

では過去にはどのような出来事によって時計の残時間の修正がなされてきたのでしょうか?

主だったところでは過去に以下の様な事例によって修正がされました。

歴史
1947年 世界終末時計登場(残時間7分)

1949年 旧ソ連が核実験成功(残時間3分)

1953年 米国、ソ連の両国が水素爆弾実験成功(残時間2分)

1963年 米国、ソ連が部分的な核実験禁止を禁止する条約を締結(残時間12分)

1980年 米国、ソ連間の交渉が停滞、イラク・イラン戦争が勃発 (残時間7分)

1984年 米国、ソ連間の軍事力拡大競争が激しさを増す(残時間3分)

1995年 ソ連崩壊 (残時間14分)

1998年 印・パキスタンが核保有を宣言(残時間9分)

2007年 北朝鮮による核実験が行われる・地球温暖化の進行 (残時間5分)

2010年 アメリカのオバマ大統領による核兵器廃絶運動が開始される(残時間6分)

2012年 東北地震による福島第一原発事故(残時間5分)

2015年 更なる地球温暖化の進行、核兵器による軍備競争(残時間3分)

やはり、短縮の原因として多いのが戦争や抗争などによる世界が不安定になる事に起因しています。

そして原発事故や核実験などの核関連も時間を短縮させる大きな要因の一つです。

世界の終末までに残された時間は2分半

誕生した直後には残時間7分だった世界終末時計。

その残された時間はさまざまな要因で延長されたり短縮されたりを繰り返してきました。

しかし、2017年、アメリカにトランプ大統領が誕生するとその彼の掲げた政策の影響を受けて更に残された時間が短縮されてしまいました。

2017年、ついに3分を切った世界終末時計

 

2017年1月、ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任しました。

それによってついに世界終末時計の残り時間は3分を切り、2分半まで短縮されてしまいました。

その要因とされたのが以下の2点。

  • オバマ前大統領の方針に反して、核廃絶に対して消極的な発言を行う
  • 気候変動対策に対しても消極的な発言

果たしてこの後、時計の針はどうなって行くのでしょうか?

これ以上残された時間が短縮されない事を祈るばかりです。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る