暗号通貨とは何かをわかりやすく解説。ビットコインや仮想通貨と何が違うの?

暗号通貨とは何かをわかりやすく解説

日本円、アメリカドルやユーロに中国元。

各国が発行し、流通している硬貨や紙幣の事を通貨と呼びますね。

一般的に呼ばれている通貨とは、正しくは流通貨幣の略称です。

流通貨幣とは文字通り流通性のある硬貨や紙幣、つまりお金の事です。

流通貨幣は国など組織によってその価値を保証され、物の売買などの決済の為に利用される価値交換媒体とも呼ばれるものです。

通常は硬貨や紙幣などを用いるこの流通貨幣ですが、近年では新しいスタイルの流通貨幣が登場しています。

暗号通貨という通貨を聞いた事はありますか?

暗号通貨もまた通貨と名前が付いている通り、流通貨幣と同じく流通性のある貨幣ですが、まだあまり馴染みがないという方も多いと思います。

そこでここでは暗号通貨とは何かをを詳しく解説して行きたいと思います。


Sponsored Links

暗号通貨とはどんな流通貨幣の事?

暗号通貨とは何かをわかりやすく解説

暗号通貨と聞いてどんなイメージを持ちますか?

暗号を解読しないと使用できない通貨?

いえ、もちろんそんな事はありません。

暗号通貨とは暗号を解読してから使うものではなく、暗号理論を用いた通貨の事を言います。

暗号通貨は英語では一般的にビットコイン(英:bitcoin)と呼ばれています。

ここでは統一して、以下暗号通貨と表記して行きます。

暗号通貨と仮想通貨

暗号通貨とは仮想現実の世界で流通する通貨の事です。

世界的にはビットコイン(bitcoin)と呼ばれている通貨ですが、正式な名称はCryptocurrency bitconです。

Cryptocurrencyを直訳すると暗号となり、繫げて暗号通貨ビットコインとなります。

その為、仮想世界で流通する通貨の事を暗号通貨と呼ぶのが本来は正しいですし、世界的には暗号通貨と言う名称です普及しています。

しかし、日本ではなぜか暗号通貨と言う呼び名よりも仮想通貨と呼ばれる事の方が多いです。

つまり、暗号通貨と仮想通貨は全く同じく物なのですが何故か日本では仮想通貨と言う呼び名が暗号通貨よりも浸透してしまっていると言う状況なのです。

なぜ仮想通貨と呼ばれる様になったのか。

それはメディア媒体が一般の人たちにもイメージしやすい様に暗号通貨よりも仮想通貨と言う言葉をあえて用いていると言う背景があるからです。

ですので、仮想通貨と言う呼び方は日本独自のものであると言う事を理解しておきましょう。


Sponsored Links

暗号通貨は仮想世界の通貨

暗号通貨とは何かをわかりやすく解説

日本で暗号通貨が仮想通貨と呼ばれる原因は、先のメディア媒体の影響はもちろん、暗号通貨(ビットコイン)が仮想世界で使用する通貨であると言う認識が暗号通貨と言う言葉よりも先に広まっている事が1つの要因でしょう。

暗号通貨は英語で表記するとビットコイン(bitcoin )と表記しますが、一般的に流通している日本円やアメリカドルの様にコインや紙幣などを手に取って触れる事が出来る物ではありません。

暗号通貨は前記の通り暗号理論を用いてその安全性・流通性が確保された仮想現実の世界でのみ存在する事が出来る仮想の通貨なのです。

ですので、暗号通貨の理論を考えれば仮想通貨よりも暗号通貨という名称の方がしっくりくるのではないでしょうか?

暗号通貨と電子マネーはどう違うのか?

暗号通貨とは何かをわかりやすく解説

前記の通り暗号通貨は現実世界の日本円やアメリカドルの様に実際に硬貨や紙幣が存在している訳ではなく、仮想の世界でのみ存在している通貨です。

となると実際に硬貨や紙幣が存在していない電子マネーとの違いが分かりにくいですよね。

暗号通貨と電子マネーの大きな違いは発行元が明確になっているかいないかと言う所にあります。

電子マネーにはその電子マネーの発行元がいます。

簡単に言うと、例えばSuicaに電子マネーをチャージした場合の発行元はJR。

Pasmoにチャージした場合は東京メトロが発行元と、その発行元が明確になっています。

つまり、これらのチャージされた電子マネーは発行元が存在している限り、その価値が保証されていると言う事になります。

しかし、逆を言えば発行元が倒産してしまえば、その電子マネーは何の価値も持たなくなります。

一方の暗号通貨には発行元という概念がありません

発行元が無いのにどうやってその価値が保証されるのかという事になると思いますが、前記の通り暗号通貨は暗号理論によってその安全性が確保されています。

さらに、取引履歴の管理を徹底的に実施する事で仮想世界で有効な通貨のとして高い信用性を持って利用する事が可能になっているのです。

まだまだ既存の流通通貨に比べて新しい暗号通貨

しかし、その可能性は未知数で将来的に私たちのお金を取り巻く環境を大きく変える可能性もあります。

更に、モノの売り買いの決済用としての通貨だけではなく、投資目的として暗号通貨を保有する事も注目を集めています。

近い将来、日本円やアメリカドルの様な硬貨や紙幣などの形のある通貨は姿を消してしまう日が直ぐそこまで来ているのかも知れませんね。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る