足がつる原因でふくらはぎの対処法とは?朝や睡眠中や運動後に効果的な方法を紹介。

calf-vine-cause-approach-1

突然、足がつることってありませんか?

寝ている時、朝起きる前、運動中に屈伸をした時に急にピンと足がつってしまい、動けなくなることがよくあります。

ふくらはぎがつるのは筋肉疲労や血行不良、ビタミンなどの栄養不足が考えられます。

この記事では、足がつる原因で特にふくらはぎがつって困るという方に向けて、その対処法や予防法を紹介していきます。


Sponsored Links

足がつる原因

calf-vine-cause-approach-2

「早朝に足がつって痛くて目が覚める」という経験をされた方はいませんか?

睡眠中に足がつると数日間続いたりして、睡眠の妨げとなります。

他には運動中に足がつると、その後の運動に支障をきたすこともあります。

できる限り早い対処をしたいですよね。

足の中でもふくらはぎがつることが多いのですが、なぜ足がつるのか知っていますか?

その原因はこれら6つが考えられます。

「足がつる(ふくらはぎがつる)原因とは?」

  • 1、筋肉疲労
  • 2、運動不足
  • 3、水分不足
  • 4、ミネラルやビタミンの栄養不足
  • 5、ストレスが溜まっている
  • 6、身体の冷え

これら6つの原因について簡単に説明していきますね。

1、筋肉疲労

足がつる原因というして主な原因は筋肉疲労と言われています。

激しいスポーツをすると運動中に筋肉を酷使することとなります。

ランニングを伴うスポーツだとふくらはぎへの負担が過度にかかるので、あしがつる原因となります。

疲労物質の乳酸がたまり、足の疲労となります。

スポーツをしている学生や外回りの営業をされている方は筋肉疲労によるものでしょう。

2、運動不足

過度な運動で足がつることもありますが、その反対で運動不足でも筋肉が疲労し足がつることがあるんです。

運動不足の人は、足の筋肉が弱まっている可能性があります。

足の筋肉は「第二の心臓」とも呼ばれており、血液を促進するポンブの役割があります。

運動不足の人は、足の筋肉が衰えていて、ポンブの動きが弱まり、血液の流れが悪くなります。

そうすると血行不良が起きるので、筋肉疲労につながります。

歳を重ねるにつれて、筋肉の衰えによる足がつることとが多くなります。

3、水分不足

普通に睡眠ができている場合は、夜に寝てから朝までずっと寝ている状態ですよね。

1日の水分が足りない場合や寝る前に水分補給せず寝てしまうと、その間に身体は脱水症状となっています。

この結果、血液循環が悪くなるので、神経けいれんが起きることもあります。

4、ミネラルやビタミンの栄養不足

ミネラル不足も足がつる原因と言われています。

ミネラルは5大栄養素のひとつとして有名ですよね。

特に運動をしている人は足の筋肉疲労と一緒に水分やミネラルが排出されます。

ミネラルの中にはマグネシウムがあって、このマグネシウムは筋肉をゆるませる力があるんです。

つまり、マグネシウム不足だと収縮した筋肉をゆるませることができなくなり、足がつる原因となります。

また、ビタミンB1が不足していることも考えらえます。

ビタミン不足だと筋肉が疲労しやすくなりますし、神経の働きも悪くなります。

5、ストレスが溜まっている

神経質な方が足をつる人も多いです。

ストレスを感じると人間は筋肉を収縮させてしまったり、血行が悪くなります。

強いストレスを感じることで筋肉が萎縮し、足がつる原因となります。

ストレスを感じているのであれが、リラックスできるようなことをしていきましょう。

6、身体の冷え

女性に多いのが身体の冷えです。

冬場だけでなく、夏場も足がつるという方は多いのではないでしょうか。

ショッピングセンターやオフィスは冷房でキンキンに冷えていることが多いです。

また、オフィスでデスクワークをしていると、座りっぱなしの姿勢となり、余計に血液循環が悪くなります。

身体の冷えには注意が必要なので、下半身を温めるような対策をとるようにしてくださいね。


Sponsored Links

ふくらはぎの対処法や予防法はコレ!

calf-vine-cause-approach-3
ここまでは足やふくらはぎがつる原因をお伝えしてきました。

ここからはその対処法や予防法について紹介していきたいと思います。

対処法は日々の生活において、それほど難しいことではありません。

ぜひ、生活習慣の中で取り入れてもらいたことです。

では、こちらをチェックしてください。

水分補給をしっかりと行う

足がつる原因としては血行不良という点が多かったですよね。

日頃から水分を摂取を心がけることで予防することができます。

水分不足は血中濃度が高まり、血がドロドロになってしまいます。

ドロドロの状態だと血行不良となり、身体の冷えを引き起こしたり、筋肉疲労を回復できずに、足がつってしまうことになります。

スポーツをしている方は汗と一緒に水分とミネラルが排出されるので、スポーツドリンクと飲むと良いでしょう。

私はスポーツドリンクは糖分が多いので、スポーツドリンクにミネタルウォーターで薄めて飲むようにしています。

ペットボトルだと1:1の比率で半分に割っているのですが、この方法はオススメです。

また、食事でも気をつけるようにして欲しいことがあります。

ミネラルやビタミンが多い食品を摂取する

日々の食生活において少し心がけておけば、足やふくらはぎがつることを予防することができます、

ミネラル、ビタミンが多い食材はこのようなものがあります。

  • 牛乳やチーズ
  • 魚介類(イカやタコ)や小魚
  • 豆腐や枝豆や納豆
  • 卵や豚肉
  • アーモンド
  • ひじき

卵や豚肉には豊富にビタミンB1が含まれています。

筋肉疲労の回復や予防を促してくれます。

イカやタコにはタウリンが含まれておい、こちらも筋肉疲労を緩和してくれる力があります。

大豆やアーモンドはマグネシウムの含有量が多いです。

精神を安定させる効果があり、ストレスをやわらげてくれます。

イライラを抑えるにはピッタリの食材で、筋肉収縮や神経伝達も正常に戻す力があるんです。

これらのような食材を食べることで、足がつることを予防することができます。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る