読書効果は脳にもあった!脳トレしながら100%モノにする読書法

book-way-of-reading

学びの手段として読書が効果があるのはあなたも知っていますよね?

小学校の時から読書が好きな子がいませんでしたか?

少なからず読書が好きな子は頭が良かったはずですし、学校のテストや成績順位も上位にいたはずです。

社会人となり読書が強制されることがなくなり、いつの頃からか本を読まなくなったという人もいるでしょう。

また、本を読みたくても読む時間が無いという人もいます。

わたしたちが本を読むことがどれだけ大切で脳にも良い影響を与えるかを知ってもらうために記事を書いていきます。

また、脳を鍛えながら読書した時間をムダにしないように読んだ内容を身につける方法を伝えていきます。


Sponsored Links

読書効果は脳にも与えます

book-way-of-reading 2

あなたも読書をする目的はさまざまだと思います。

営業テクニックやノウハウを身に付けたい、自己啓発本を読んで日頃の生活に落とし込みたい。

必要な内容で学びとなる本を選び読書をすることで、わたしたちの「血肉」としていると思います。

読書の効果としてはこのようなことが挙げられます。

語彙力、感性、感受性が高まる

わたしたちは読書の中でおきている体験を重ね合わせることにより、自分が生きている経験とはまた違う経験ができます。

その中ででてきた筆者や主人公から発せられる言葉はわたしたちが培ってきたものとは違うので話し方やニュアンスが変わります。

その言葉を読んでいくことで、わたしたちには無かった言葉を取り入れることができます。

仕事でプレゼンや何かを伝える時に困った経験がある方は、どんどん本を読んでボキャブラリーを増やしてみてください。

また、感性や感受性が高まることにより相手を配慮することができるようになります。

そうすることでコミュニケーション能力もつきますし対人関係も良くなるでしょう。

知らない世界を経験が出来る

先ほどもお伝えしましたが、わたしたちが経験したことがない考え方や生き方を読書から学ぶことができます。

例えば、何かに困った時それに関連する本を読めば自ずと解決策が見つかることでしょう。

先人が生きた知恵でもあるので、その知恵を借りないわけはありませんよね。

迷うことなく最短距離で人生を楽しめます。

そして知らない世界を追体験できることで人は想像力をかきたてられてワクワクしてきます。

このワクワク感が脳にとってはたまらないのです。

脳細胞が強化され、まさに脳が成長している段階なのです。

脳が強化されている人は想像力を高い人で、本を読むことからさまざまな体験をし色んな感覚を覚えます。

楽しいやおもしろいはもちろん、おいしそうなご飯やニオイまでも想像してしまうのです。

このようにどんどん考える能力がついて、言葉にして伝える能力も発揮されるのです。


Sponsored Links

しっかりと身につけて、学びとなる読書にする

読書を簡単にするといっても時間を費やしたりお金もかかることです。

せっかくするのであれば、読んだ本の内容をすべて吸収したいと思いませんか?

「モノにする読書法」をお伝えしていきます。

大切にすべきこと基本事項

「この本をよんで何を得たいのか」ということです。

今回の読書から何を得て、何を知りたいのかということを明確にしてください。

こうすることで読書をする時にインプットする姿勢に勢いがつきます。

次に「読書時間を決める」てください。

時間を決めることでダラダラ読むことがなくなります。

出来るだけ集中して読もうという気持ちにもなり、読むスピードもアップします。

最後に「アウトプットできるようになる」です。

インプットだけでなくアウトプットすることが非常に大切になります。

この作業をすることで、理解が深まることはもちろんですが、語彙力アップにも繋がります。

また、人に伝えようとすることで、伝え方を学べるのでコミュニケーション力がついてきます。

重要な部分を抜き出し、反復学習をする

本の中身で自分自身に必要になってくるのは、2割程度と言われています。

さらに重要な部分はそのまた2割と言われています。

そうなんです、全体の4%にすぎないのです。

つまりはその4%を引っ張り、繰り返し学習すれば自然と「モノにできる」のです。

子供の読書も重要部分を繰り返せ

book-way-of-reading 3

オトナ男子を目指すわたしたちにとっての「モノにする読書法」ですが、子供にとってもこの方法は欠かせません。

反復学習はエビングハウスの忘却曲線でも提唱されているように、反芻することにより徐々に記憶へ定着されていくと証明されています。

また、この情報を抜き出す作業といのも大人になってからも大切なことで、情報収集能力に長けた社会人となれるでしょう。

子供の頃からこの読書法を実践して、読書効果を得てください。

また脳を強化させることで素晴らしく将来有望なオトナ男子への教育が出来ることでしょう。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る