【湖国滋賀の風物詩】びわ湖大花火大会(2016)の 日程や穴場観覧スポットを厳選!駐車場情報もあります。

biwakohanabitaikai-2016-1

滋賀県が誇る夏の風物詩といえば「びわ湖大花火大会」ではないでしょうか。

日本最大の湖で行われる、花火大会として有名ですよね。

琵琶湖から打ち上げられる花火が、空と湖の両面に映し出され幻想的な雰囲気をかもしだします。

花火はバラエティにとんだ内容で見ている人を楽しませてくれます。

フィナーレはもちろん見応えたっぷりで迫力満点です!

神秘的なところもあり、迫力もある「びわ湖大花火大会」は一瞬も目が離せないこと間違いなし!

それでは、みなさんが気になる開催日程や穴場の観覧スポットを紹介していきたいと思います。

駐車場情報もありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


Sponsored Links

「びわ湖大花火大会」について

昨年は約35万人という大勢の人が花火大会に参加しました。

滋賀はもちろん、京都、三重からも「びわ湖大花火大会」を一目観ようと訪れるそうです。

花火の玉数は約1万発とボリューム満点の内容となっています。

湖面を染め上げる美しい花火に酔いしれること間違いありませんね。

2016年の日程はこのようになっていますのでチェックしてください。

日程・時間について

    「びわ湖大花火大会」

  • 日程:2016年8月8日(月)
  • 時間:19:30〜20:30
  • 注)小雨決行、荒天時は8月12日に延期

今年のプログラムはこのようになっています。

圧倒的なボリュームのあるフィナーレは必見です!

「びわ湖大花火大会のプログラム」

  1. 19:45〜 オープニング
  2. 盛大に打ち上げが始まります。花火の音と夜空を一面に光らせる光景は圧巻!

  3. 20:00〜 中盤
  4. 水中スターマインをチェック!湖ならではの特徴を活かした花火です。

  5. 20:20〜 フィナーレ
  6. 締めくくりは圧倒的な玉数による打ち上げ花火。見るもをを魅了し、見応えたっぷりです。

場所

滋賀県大津市打出浜1

アクセスはこの2駅が最寄り駅となります。

どちらかといえばJR大津駅の方が混雑は少ないです。

有料観覧席は京阪浜大津駅が近いです。

花火開始の1時間前は身動きができなくなる可能性があるので注意!

「アクセス」

  • JR大津駅
  • 阪神方面や遠方からの利用者はコチラ。屋台がないのでコンビニで飲食物を買っておいたほうがいいかも。

  • 京阪浜大津駅
  • 有料観覧席が近いこともあり、花火は絶景です。混雑するのは間違いありません。


Sponsored Links

穴場スポットは?

基本的な観覧エリアは市民会館エリア、びわ湖ホールエリアとなります。

ただ打ち上げが離れていますが、におの浜エリアはオススメです。

浜大津駅ほど絶景ではありませんが、のんびり楽しみたい方にはピッタリです。

穴場スポットはココ!

打ち上げする側と比べると迫力は劣りますが、ゆっくりと楽しみたいという方は穴場へ行きましょう!

有料エリアは前売り3900円で当日4400円かかりますが、パイプ椅子もあってゆっくり楽しむことができます。

前売りでチケット完売の可能性もあるのでお早めに!

有料エリア以外で混雑をさけたい方は、下のような穴場スポットがありますよ。

    「穴場スポット」

  • びわこ競艇場
  • 穴場といえども綺麗に花火を観ることができます。現場より混雑は避けれるイメージです。

  • 矢橋帰帆島公園
  • 大津港の対岸にあるので離れているのは否めません。駐車場が解放されているので子連れの方にはピッタリ!

  • 比叡山山頂
  • 車で行くのは有料になりますが、山頂から見下ろす花火も素敵です。カップルにオススメとひとつです。

駐車場のオススメは?

花火大会当日は車で混み合うことが予想されます。

びわ湖という広い湖なので車で行く場合は遠方から観ることをオススメします。

穴場でオススメした矢橋帰帆島公園や有料道路を通り比叡山山頂から見下ろすのが良いかもしれませんね。

当然ではありますが、有料になると少しは混雑を避けることができます。

1年に1回の花火をゆっくりと満喫することができるのであれば安いものかもしれません。

ぜひ、参考にしてくださいね!


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る