宴会での上座の位置【座敷・和室・ テーブル・車】を図解で紹介。下座には例外もあった!

banquet-seat-of-honor-position-1

みなさんこんにちは!

今回、BCool編集部からお届けする内容は「社会人のビジネスマナーをもう一度見直そう」と思っている方に向けた記事です。

新入社員問わず、ビジネスシーンで悩む内容として「席次」ではないでしょうか。

席次は目上の方へのおもてなしの心がこめたれているので、非常に大切なマナーです。

日頃の対応や言葉遣いがちゃんとしていても、席次を間も垂れていなければ、あなたの信頼がなくなる可能性があります。

しっかりとした評価対象のひとつですので、しっかりと身につけていきましょう!

席次の基本

席次の基本ですが、入り口から遠いところが上座ということを理解しましょう。

時と場合によって上座と下座が変更しますが、基本は「入り口から遠いところが上座」ということを覚えておいてください。

この基本は目上の人に快適な場所に座ってもらおうという考えからきています。

景色が綺麗な窓が正面にあって、景色を楽しむことができるのであれば、入り口付近が上座となります。

快適な場所は都度変わるということも理解する必要があります。


Sponsored Links

和室の上座と下座

接待で多く使われる、和室の上座と下座を押さえておきましょう。

図にあるように基本的には入り口から遠いところが上座です。

入り口付近が下座になります。

床の間がある時

ここで例外として床の間がある場合は注意しておく必要があります。

その場合は、床の間にもっとも近い席が上座です。

配置的にも配慮されていることが多いですが、念のため頭にいれておきましょう。

円卓テーブルの上座・下座

高級中華料理店などで円卓テーブルがあるのでチェックしておきましょう。

円卓の場合は出入り口から遠い場所が上座となります。

そこまでは分かっている方も多いですが、その次の席が分からないという方が多いです。

2番目の席は上座からみて左の順番になります。

左、右の順番で上座となるので覚えておきましょう。

エレベーターの上座と下座

もちろんエレベーターでも上座と下座があります。

下座は操作をする操作盤がある場所になります。

上座は操作盤の後ろになります。

まれに操作盤が2つあるエレベーターもあります。

その場合は向かって左の奥側が上座となるので覚えておきましょう。

タクシー・車・バスでの上座・下座

意外と分からないのがタクシーや車の場合、下座がどこか悩む事があると聞きます。

上座は運転手席側の後ろとなり後部座席の入り口付近から離れた場所です。

2番目からばポイントで入り口付近が2番目の上座となり、3番目はその真ん中となります。

助手席は一番下座となるので注意しましょう。

運転手がいる場合

ここでワンポイントチェクですが運転手が同行している場合は、助手席が上座となります。

ただ、広く使ってゆったりできるスペースが後部座席なので、運転手の後部を望むことも多いです。

その場合は目上の方に伺いを立てて「ゆったりと座れるので、後部座席がよろしいでしょうか」と聞く事をオススメします。

基本は大切ですが快適にゆったりと過ごせる場所が上座です。

これまで説明してきた内容ですが、上座について基本はしっかりと押さえておく必要があります。

しかし、例外もあるので、その時その場所によって上座が変わることもあります。

目上の方がいる場合は本来の原則を理解しておきながら、「ゆったりと座れる場所はこちらですがいかがしますか?」と伺いをたてると良いかもしれませんね。

冒頭にもお伝えしましたが、上座はおもてなしの心が大切です。

相手にとってゆったりと、気楽に過ごせる場所を判断するようにしましょう。

目上の方の笑顔がみれるような案内ができれば、一流のビジネスマンだと私は考えます。


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る